ミニマリスト・ライフスタイル

テレビっていう物は持たないけどテレビ番組を見るミニマリストです!

更新日:

ミニマリストの間でも意見がわかれるテレビという存在。

確かにテレビの存在感は洗練された空間に必要ないと思ってしまうのがミニマリストの性なんですよね。

 

だけど目から得られる情報で流行を読み取ったり、癒しを得られることもあるので、中々切り離しが難しいというところで僕も悩まされてきました。

 

僕が考えたのはテレビの存在を消したいだけであって目からの情報は得たい。

そう考えたときにだったらテレビ番組だけを見られる状況を作ればいいだけなんだって気付いたわけです。

 

スポンサーリンク

ミニマリストだからといってテレビを見たくないわけじゃない

元々僕はテレビっ子です。

ニュースを見れば、バラエティだって見るし、ドラマや映画やスポーツだって見ます。

 

時事ネタは自然災害や情勢など知るのに必要です。

お笑いは僕にとっての癒しです。

ドラマや映画やスポーツを見るのは数少ない趣味の1つです。

 

こう考えるといかに自分にとってテレビが必要なのかということがわかります。

 

ただ無意味にテレビをつけっぱなしにしておくのは必要最低限ということとは違うから、自分の見たい番組だけをちゃんと見るというのがミニマリストとしての僕の考えです。

 

単純にミニマリストだからテレビの存在はいらないっていうのは簡単。

でもこれってミニマリストっていう言葉にとらわれすぎて本来の自分にとって必要最低限っていう定義から外れてしまうんですよね。

 

でもテレビの存在感は許せない

今は薄型のテレビが当たり前となっていて、年々その薄さも研ぎ澄まされている気はします。

だけどやはりその存在感はかなり大きいです。

 

これはテレビのサイズにかかわらず、部屋のどこかに置くことで主張を感じてしまうんですよね。

 

「俺様はテレビという偉大な存在なんだぞ」

「とりあえず付けておけば寂しくないだろ」

って声が聞こえてきそうなくらい。

これがとにかく嫌なんです。

 

そしてそのテレビ様のために、台座を用意して、レコーダーという部下を従えて...

まるで王様です(笑)

 

だからこそやっぱりその存在自体は消したいというのは本音なんです。

 

テレビ番組は見たいけど、テレビそのものはいらないという矛盾を追求したら解決策は見えてきました。

 

テレビという物が無くてもテレビ番組を視聴できればいい

近年僕の知識が追い付かないくらいガジェット系の家電品の進歩が止まりません。

タブレットやスマホにしてもそうです。

 

そんなときに僕のミニマリストとしての本能でもあるオールインワンの精神。

要はその物に1つだけの機能を与えるわけではなくて一石二鳥、一石三鳥まで機能として持たせることができればより無駄がなくなると考えるわけです。

無自覚だった僕がミニマリストだと気付いてしまった4つの思考

ミニマリストという言葉をご存知でしょうか? 簡単に説明すると、とにかく生活に無駄がなく合理的であるということ。   自分 ...

 

そう考えたときにですね、日頃仕事で使っているパソコンやスマホでテレビを見ることができればテレビそのものを持つ必要がないなって気付いたんですよ。

 

パソコン自体にチューナーを持つパソコンもあるんですけど、そういうのって高いんですよね。

買い直すのもバカバカしいし、既存のパソコンやスマホでテレビを見る方法があればベストだと思い見つけたものがありました。

 

nasne(ナスネ)という小型チューナーが逸材だった

ソニーから販売されているnasne(ナスネ)という小型チューナーがあります。

写真で見るとその大きさもわかりやすいです。

スマホの縦幅と同じくらいなので15㎝ぐらいでしょうか。

これが本当に逸材だったという話。

  • 場所をとらない(テレビみたいに主張せずに控えめ)
  • テレビ用アンテナコンセントとインターネット環境を有線接続すると、本体にリンクさせたガジェットでどこでも家と同じテレビを見ることができる
  • ハードディスクを持ち合わせており録画もできる
  • ただのハードディスクとして使うこともできる

 

場所をとらないというのは見てもわかるとおり超小型。

こそっとプリンタの裏側でかなり良い仕事をしています(笑)

 

そんな小型のチューナーなんですけど1TBのハードディスクも持ち合わせているんですよ。

だから単純にパソコン用のデータを保存するためだけに使うこともできますし、例えば写真や動画など少し容量のあるものでも保管しておけるんですね。

 

容量が大きいということには理由もあって、テレビの録画機能も付いているということ。

1チューナーなので裏番組の録画はできませんけど、例えば外出中に「録画し忘れたー!」ってなってもインターネット環境があって専用のソフトをインストールしてあれば外出先から簡単にスマホやPCで録画できます。

 

録画ができるということは外出先からも家でテレビを見るのと同じ番組を見ることができるということです。

だから極論、東京に友人がいたとしてですよ。

東京の番組が見たいと思って、nasne(ナスネ)をその友人宅に置かせてもらうんです。

そして自分の端末とリンクさせておけば石川県にいようと東京の番組を視聴できるというわけ。

 

ただし、nasne(ナスネ)1台に対して見られる端末は1台のみです。

同時に2端末で見ようと思っても見ることはできません。

 

だから例えば家で誰かがパソコンでテレビを見ていたとすると、外出先から家のテレビを見ることはできないということです。

1人暮らしならかなり重宝しますけどね。

こうやってテレビという物自体の存在を消しつつ、ミニマリストとしてのオールインワンの願望を叶えることができたわけ。

 

寝る時だって無線でnasne(ナスネ)と繋がっているので、寝っ転がりながらテレビを見て寝落ちっていうのもよくある話です(笑)

 

まとめ

ミニマリストって何もないっていうイメージを持たれがちですけど、やっぱり自分にとって必要なものをどうやって無駄なく形にできるが肝なんですよね。

 

そしてそれを形にできたときに自己満足感で...

あらやす
気持ちええ~

っていう幸福感が訪れるわけです。

 

ですからミニマリストにもいろいろあって、人によって正解は変わるんです。

本当にテレビを見ないのであればそもそもテレビ番組だって必要がないわけですから。

 

こう考えるとやっぱり自己満足することで幸せを感じることができるんだなと改めて思います。

  • この記事を書いた人

あらやす

石川県在住のライターです。ライフスタイルや価値観に共感していただいたあなたと縁(EN)があったことをうれしく思います^^

-ミニマリスト・ライフスタイル

Copyright© ENジニア , 2018 All Rights Reserved.