ミニマリスト・ライフスタイル

僕に友達がいないのは【ダサい】って思っているから

更新日:

先に書いておきますが、僕にはほとんど友達と呼べる人がいません。

まったくいないのではなくて、3人ぐらいはいるかなという感じです。

 

ただ友達が多いという人をうらやましく思いませんし、むしろ【ダサい】なんてことを考えることがあるくらいです。

なんでダサいなんてひどいことを言えるかについては理由がもちろんあります!

実証されている根拠も実はあるんですよね。

 

スポンサーリンク

僕に友達がいない2つの理由

僕は何もそこまで自分のことをコミュ障(コミュニケーション障害)であるとは実は思っていません。

むしろ人と話をするのは好きだったりします。

なぜそんな僕に友達がいないかというと2つの理由がありました。

 

知り合い止まりになってしまう

人脈とは何か?どうすれば人脈を作れるのかをガチで検証!

ビジネスシーンではよく人脈があった方が良いなんて言われるわけですが、その本質を理解して行動していますか? 僕は正直今まで ...

続きを見る

 

友達ってどういう存在なんだろうと考えると、やはりお互いにとってメリットがある関係性だと思うんですよね。

だから遊んでいてお互いが楽しいとかっていう単純な気持ちでもそれが成立すれば友達ということでいいのではないでしょうか。

 

自分の場合はそもそもそれが成立しにくいというのはあるかな。

知り合いになることはあっても、じゃあ長く付き合っていきたいかというとそうではない感じ。

 

特に相手に対して気を遣う状態が長く続くともはや友達にはなれないかなという風に思うわけ。

いわゆる目の前の壁が壊れていない状態です。

 

昔なんとなく友達だよなって思っていた人も実は遊ぶたびに

「こんなことを言ったら嫌われるかな」

「おもしろいこと言わなきゃいけないよな」

と気を遣うことでめちゃくちゃ消耗していたわけですよ。

 

そこで友達関係が切れることに対して恐怖すら感じているわけ。

その恐怖がなんなのか本当にわからないんですよ。

だけど見えない何かにビクビクしているという意味のなさない状況。

 

こうなると友達関係として、つなぎとめている理由が何なのかわからなくなったんですよね。

いや、自分にとってのメリットって特にないなと。

 

だから気を遣うことなくというのが一番かなと今は思うわけです。

喜ぶことも、怒ることも、悲しむことも、感動することも、楽しむことも...

 

求めているのは友達ではなくて親友と呼べる存在なのかもしれないですね。

 

友達が多い=ステータス

友達が多いことが「すごい人」みたいな世間体ってないですか?

 

それが自慢大会みたいになっていることがゾッとする寒気すら覚えます。

その中の1つが結婚式やその2次会。

 

友達をめっちゃくちゃ呼ぶ人いるじゃないですか。

結婚式に呼ぶ友達もおそらく微妙な仲の人もいると思うんです。

腐れ縁だからとか、結婚式に呼ばれたから呼ばなくちゃいけないとかね。

 

大目に見て結婚式ならまだしも、2次会に大勢の人を呼ぶのは...

それみんな本当に友達なの?(笑)って思うわけです。

 

これだけの人に祝福されてるんだぜ!

って友達の多さPRみたいなのは本当に勘弁してください。

 

でも世間はそう思っていないということ。

むしろ友達が多くてうらやましいなあって感じるわけですよ。

人からこう思われたい、認められたいという、いわゆる承認欲求です。

 

こんなことを言っておいてなんですけど、実際に僕もありました。

特に学生時代っていうのは友達がいないことが「やべー奴」ぐらいに思っていましたし、そうはなりたくないと思って仲良くしたくなくても馴れ合いを覚えてそれを実践していたんです。

 

だけどめちゃくちゃストレスだったんですよ。

自分が無理をしているわけですから。

ただ世間がそれを許してくれないというところがあったからそうしていたんです。

 

今はその世間体が当たり前だと思わなくなったので、客観的に友達の多さっていうところを分析できるようになりましたけどね。

 

だから友達は数ではないと思ってからは、より濃い友達の関係性を築きたいという考えで人とは知り合っています。

 

スポンサーリンク

友達との付き合いが惰性ならやめればいい!

惰性(だせい)って言葉知っていますか?

あまりいい意味ではないです。

端的に言うと「なんとなく」という意味。

 

だからなんとなく友達関係と思っているなら別にその関係性を切っても何の害もないじゃないですか。

むしろその関係性を続けていることこそがダサいと思うわけ。

 

わかりますか?

惰性(だせい)とダサいをかけているわけです(爆)

 

 

 

・・・・・・・・

でもね、ダサいと思っているのは事実。

何のためにその関係性を友達っていう言葉でつなぎとめているのか。

そこにメリットはあるのかなって思うわけです。

 

 

友達として求めるなら「質」の方が良いという研究結果があった

広く浅い交友関係があった人よりも、何でも話せる狭く深い密接な友情関係にあった人の方が、自尊心が高く、不安や抑うつレベルが減少している

バージニア大学実証研究より引用

僕は友達は必要ないとは全然思わない。

むしろ一緒にいて楽しく高め合えるような友達は必要だと考えます。

 

実際に自分を高めてくれている実証研究もあるわけですから広く浅い友人関係ではなくて、狭く深い友人関係を築くのが重要ということなんです!

 

まとめ

人間関係をなぜ築くかというと、やはり根本は人は助け合って生きていくというところはあるのではないでしょうか。

ただそこがより洗練されたものであれば、余計なストレスを感じることなく助け合いながら高めあっていけるのだと考えます。

これはミニマリズムにも密接な関係があると感じました。

無自覚だった僕がミニマリストだと気付いてしまった4つの思考

ミニマリストという言葉をご存知でしょうか? 簡単に説明すると、とにかく生活に無駄がなく合理的であるということ。   自分 ...

続きを見る

 

特に結婚するようなパートナーとは親友関係を超えるぐらいの関係性がないと駄目なのかなというのが、一度離婚している僕の見解です(笑)

 

だからこそより多くの人と知り合う行動はしなくてはいけません。

最初から友達を作ることを否定するのではなくて、いろんな影響を受けて、そしてそれを尊重して、それでもなおかつ一歩踏み込んでいきたいと思える人に出会えるかどうかということですね。

 

人間関係を洗練しながらも新たな出会いでまた良い関係だけを残していく。

これが僕のこれからの生き方なんだろうなと思います!

  • この記事を書いた人

あらやす

管理人のあらやすです。石川県在住の個人企業型フリーランス。クソまじめ、バツイチ、難病(多発性硬化症)、ミニマリストと肩書がやたら多いライターです。自己満足することでライフスタイルや出会いに幸せの価値を見出しています!

-ミニマリスト・ライフスタイル

Copyright© じこまん道 , 2018 All Rights Reserved.