映画レビュー

映画「探偵はBARにいる」シリーズが続く理由は最新作3のネタバレ感想でもわかるよ

投稿日:

映画「探偵はBARにいる3」を観てきたわけなんですが、1と2と変わらずやはり...

 

シリーズとして完結しないのも大いにわかります。

結論を言ってしまえばそれはね、近年の邦画で稀に見るバランスの整った良作だからという理由に他なりません。

 

笑いあり、推理あり、涙あり、アクションあり...

ただこれらがわざとらしく、かつストーリーとしてまとまりがなかったらまったく面白さも感じないわけ。

僕が絶賛する理由をぜひ最新作のネタバレ感想と合わせて見ていきましょうか。

 

※以下観ていないならネタバレを含むので注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

映画「探偵はBARにいる」シリーズを楽しむために抑えておきたいこと

(画像引用元:映画『探偵はBARにいる3』公式サイト

 

全シリーズに出てくる主要登場人物と相関関係

(画像引用元:映画『探偵はBARにいる3』公式サイト

 

大泉洋さん演じる北海道ススキノの探偵「俺」。

今までのシリーズでもその名前が明かされることなく、謎のままなのですが、あまり気にならないから不思議です。

 

携帯電話は不携帯で、依頼を受けるのは必ずBar「ケラーオオハタ(KELLER OHATA)」の黒電話。

シリーズの劇中でも依頼者になりそうな人には必ず名刺を渡しています。

 

大泉洋さんが演じているのもあるのか、ものすごく個性が生きている登場人物だからこそ、名前が出てこなくても違和感を感じることがないのでしょうね。

 

適当な感じにも見えるのですが、実は情に厚く、依頼を受けると最後までやり抜くというのがかっこいいです。

 

(画像引用元:映画『探偵はBARにいる3』公式サイト

 

「俺」の相棒の高田(松田龍平)。

北海道大学農学部にいながら、空手の師範代という異色の存在。

風貌からはとても探偵の相棒を務めるような感じはしないのですが、アクションシーンとなると一気にその存在感が発揮されます。

 

さらに面白いのが、ひょうひょうとしゃべる口調と「俺」との掛け合い。

非常にやる気のなさを感じる自然な登場人物なのですが、「俺」の相棒として居続けるのはやはり「俺」のことが人間として好きだからなのではと、内なる高田の熱さを感じるのはきっと僕だけではないはず。

 

この映画の特徴でもあるボロ車(実は光岡自動車のビュート)の運転手でもあります。

車との毎回の掛け合いはこの映画の見どころの1つでもあります。

 

(画像引用元:映画『探偵はBARにいる3』公式サイト

 

「俺」の腐れ縁で義理人情に厚い昔気質のヤクザの桐原組若頭「相田」(松重豊)。

「俺」が昔家庭教師をしていたその教え子が桐原組長の息子だったことから、関係を待つようになり、依頼の内容で桐原組に関係があるようなものだと、「俺」に問答無用の拷問をしかけるということも。

 

ただこれも建前上やっているということもあるのでしょう。

要所要所では情報提供をしてくれたり、ピンチには助けに来てくれたりと「俺」への愛は感じます。

 

この拷問シーンはとにかくギャグ。笑えます。

情報提供の際には必ずサウナに入るのですが、このシーンも見もの。

相田の子分の「ブッチョ」がどこか憎めず可愛い存在でもあります。

 

関西系暴力団の花岡組とは敵対しているものの、押されている現状も。

毎シリーズに依頼に関係してくる花岡組の存在とは切っても切り離せない桐原組として存在感を発揮しています。

 

(画像引用元:映画『探偵はBARにいる3』公式サイト

 

北海道日報の記者である松尾(田口トモロヲ)。

1作目で両刀使い(バイ)である証拠の回収という依頼を受けてからの関係。

 

バイ(ゲイ?)としての人物像がとにかく面白いのですが、記者としての裏情報を「俺」に提供してくれる重要人物でもあります。

 

全シリーズを通して感じる世界観が良い!

ストーリーには迷いなく、ミステリーな部分もしっかりと回収できているのは素晴らしいです。

そしてそんなストーリーにも負けない登場人物の個性もしっかりとでており、紹介したすべてのシリーズに出てくる枠役もしっかりと存在もあります。

 

特にシリーズのタイトルに必ずある「Bar」の存在が良い!

そこのマスターと「俺」の関係性はまったくわからないのですが、「俺」がBarに行けば、必ず用意されている胃薬と缶に入ったタバコのピース。

(画像引用元:映画『探偵はBARにいる3』公式サイト

 

この男臭い感じにクラシカルな雰囲気のBarの組み合わせはたまりませんね。

今の時代にそぐわないような雰囲気が実は好きなんだなと思わされます。

 

そんな男臭さで真面目な話ばかりなのかと連想しそうになってしまうのですが、ところどころの緩さがまた良くって、笑いを誘う場面とシリアスな場面ってこんなにも1つの作品で良い形で共存できるんだっていうのを感じてなりません。

 

これらを総合的に見たときにめちゃくちゃ1つの作品としてのストーリー、登場人物、感情の落としどころのバランスが良いと僕は感じてしまうんですよね。

 

映画「探偵はBARにいる3」のネタバレ感想

(画像引用元:映画『探偵はBARにいる3』公式サイト

 

簡単なあらすじ

風俗大好きの某学校の教頭であるクラブでのセクハラ行為を見破った、相変わらずの探偵業を行っている「俺」。

 

そんなとき、相棒の高田が後輩である原田誠を依頼者として連れてくる。

依頼内容は彼女である諏訪麗子(前田敦子)を探してほしいということだった。

 

相棒の高田の後輩ということもあり、暇つぶしの軽い感じで依頼を引き受けることに。

 

行方を探すうちにたどり着いたのが、諏訪麗子が所属していた花岡組の傘下企業の北城グループが組織する表向きモデル事務所のピュアハートだったが、美人社長の岬マリ(北川景子)に変に勘ぐられ「俺」と高田は襲われる。

 

波留(志尊淳)という北城グループ用心棒には空手の達人である高田も歯が立たず、諏訪麗子を探すなという警告を受けるわけだが...

 

そして起こる殺人事件。

原因は花岡組と桐原組の利権が原因なのか?

岬マリが愛人として付き合いのある北条(リリー・フランキー)が関与しているのか?

 

諏訪麗子と関係がある岬マリの本当の狙いとは...

 

映画「探偵はBARにいる」のストーリー考察

いつもなんとなくたわいもないような依頼から大きなものに発展していくのが「探偵はBARにいる」シリーズの特徴です。

 

原田誠が探していた諏訪麗子が登場するのですが、早々にその諏訪麗子が同乗したトラックの運転手が殺されてしまいます。

なぜ諏訪麗子がそのトラックに乗車したのか理由もわからないままに...

そして顔が見えない殺人者はトラックにある荷物の毛ガニを奪い去っていくことに。

 

諏訪麗子の行方を探し始めた「俺」と高田の2人は、お金のためにピュアハートという表向きモデル事務所に働く諏訪麗子を探しあて、岬マリと出会うわけですが、「俺」に対して「ネクタイが似合いますね」とちょっと意味深な言葉を投げかけます。

あらやす
何か後から重要な要素になりそうだな

 

そして2人は岬マリの指示で動く用心棒たちに襲われるわけ。

現れた波留と呼ばれている用心棒がめちゃくちゃ強くて、あの高田がまったく敵いません。

それよりも「俺」が高田に敵わないと感じているにもかかわらず「向かっていけー」っていう掛け合いが面白かったですね。

高田のキャラクターが松田龍平さんにはまりすぎてて良すぎます。

 

そして花岡組傘下の北条グループと桐原組との毛ガニと利権をめぐっての闘争状態にあるということがわかるわけなんですが、そんなピリピリ状態で桐原組若頭の相田が知るわけですからお決まりの「俺」への拷問タイムです。

 

毎回笑わされてしまうのですが、今回も大泉洋さんのプロ根性と言いますか、まあ真冬の舟上で真っ裸になって張りつけになっているものですから大笑いです。

その後の大泉洋さんの演技も本当に見事です。

 

しかし実は毛ガニの中には末端価格で4億円の覚せい剤が入っていたことが発覚。

だからそれを奪われたと感じている北条は躍起になっているんですね。

 

そんな中岬マリの尾行で諏訪麗子にたどり着くのですが、諏訪麗子の役は前田敦子さんである必要があったのか、という疑問は残りましたね。

無名な人でも良かったのでは?と唯一不満だった点です。

 

そんな中今度は岬マリの部下だった工藤が自殺を装って殺されるわけですが、覚せい剤をめぐっての北条グループの内部抗争だったことが判明。

 

ここで記者の松尾が活躍するわけですが、工藤の行動だったとしても、身長の割りには現場に残されている歩幅が小さいということがわかるんです。

あらやす
やっぱり犯人として濃厚なのはあの人だよね

と誰しもわかる予想をたてるのですが、その人がお金を必要としている理由はこの時点でまったくわからないわけ。

 

一方でネクタイを日頃していない「俺」に対して出会ったあの日にネクタイをしていたことが似合っているという表現をしたことと結びついて「俺」は岬マリに対して過去に会っていた娼婦であることを知るんですね。

そのときに岬マリに「俺」が残していた言葉、「自分が命を燃やせるものがきっとできる」ということ。

それこそが岬マリが今この場にて行動しているすべての結果だったんです。

 

そのあと岬マリの策略で北条グループとの戦いに巻き込まれる「俺」ですが、必ず高田が助けに来てくれるんですよね。

本当にそんな風に見えないんですよ(笑)

ビジネスパートナー以上の関係は常に「俺」と高田の関係には見て取ることができます。

 

そしてはじまるアクションシーンは毎回いいですけど、今回はストップモーション?っていうんですかね。

こぶしが当たる瞬間や蹴りが当たる瞬間の1コマがスローになってより迫力が伝わったといいますか、今までになかった演出なのがまた良かったです。

 

そして絶体絶命のピンチでは必ず助けに来てくれる桐原組若頭の相田。

「たまたま通りかかっただけ」

というお決まりの言葉でもここでも友情を感じてなりません。

 

最終的に2人を殺して覚せい剤を所有している犯人と北条との交渉になるわけですが、岬マリの行動の理由に僕が経験している人生と重ねてしまって涙してしまいました。

そしてそれとともに切なさもものすごく感じましたね。

きっと「俺」が感じて涙している理由と同じようなものだと思います。

 

高田のキャラクターが良すぎる

高田の内なる熱さを感じる一幕が。

それが波留に負けたからか胴着姿でサンドバックにパンチを打ち込む姿があったこと!

この時点で高田への期待感が楽しみで仕方がなかったです。

 

実際、波留とのリベンジマッチで優勢でいくんですけど

って感じで逆に打ち込まれていくんですけど、ここからの逆転劇が半端なく意外性があって面白かったです。

 

最後に言い放った高田の言葉が「リベンジマッチはしたくない」ってことも高田らしくて最高でした(笑)

 

そして劇中の中でわかった事実として、高田がニュージーランド研修に行くことが判明するのですが、そんな高田を巻き込みたくないと「クビだ」と言い放つ「俺」にはその確かな友情に感動したわけです。

実はこの話には続きがあるのですが...

エンドロールを最後までしっかり観ましょう。

高田のキャラクターで絶対にもうひと笑いできるので。

 

映画「探偵はBARにいる」シリーズの1と2はU-NEXTで見放題

映画「探偵はBARにいる3」を観る前にぜひ1と2を観てから行くことをお勧めします。

理由としては相関関係がわかりやすくなるのと、やはり今作と同じでバランスの取れた良作だと思うから。

 

そんな「探偵はBARにいる」の1と2はU-NEXTで見放題の対象になっています。

31日間の登録無料の期間もあるので実質無料で2作品が観られる今のうちに予習して劇場で「探偵はBARにいる3」を観に行きましょう。

見放題で楽しむ映画作品なら31日間無料のU-NEXT >>

 

U-NEXTについてはこちらでもレビューしています。

動画配信サービスのU-NEXTの評判って悪いけど勘違いじゃない?

31日間無料で毎日でも映画を観られるということで登録した動画配信サービスの「U-NEXT」 登録する前に一応U-NEXT ...

続きを見る

 

まとめ

別に映画評論家でもコメンテーターでもないですけど、僕が映画を本当にべた褒めするということはありません。

しかし何度も申し上げるように本当にバランスの取れた良作だなと感じるわけ。

 

しかも通常こういった続編があるものって、どんどん面白くなくなるという作品もあるのですが、映画「探偵はBARにいる」シリーズはまったくの逆パターン。

シリーズがでる度に面白くなっているような気はします。

 

こんな作品が本当に増えてほしいなと思うとともに、必ずあるであろう映画「探偵はBARにいる4」の公開が待ち遠しく思います。

  • この記事を書いた人

あらやす

管理人のあらやすです。石川県在住の個人企業型フリーランス。クソまじめ、バツイチ、難病(多発性硬化症)、ミニマリストと肩書がやたら多いライターです。自己満足することでライフスタイルや出会いに幸せの価値を見出しています!

-映画レビュー

Copyright© じこまん道 , 2018 All Rights Reserved.