出会い・婚活・恋活

夫婦の生活費はどれくらい必要?実際の結婚生活の家計簿を晒してみる

更新日:

結婚する前に考えることで特に重要なこと。

それは夫婦となって生活していくにあたり、その生活費がどれくらいかかるのかということです。

 

お金は多いに越したことはありませんけど、ただただ漠然と

「男の経済力は高い方が良いでしょ!」

とステータスを求める前に結婚した後に自分たちが何にお金を使うのかをしっかりと把握すると、

「あれ!?思いのほかお金は必要ないんじゃない!」

ということも往々にしてあるはず。

 

だから、実際に結婚していた僕が統計ではなくて、どれくらい夫婦の生活費がかかるのか細分化して語ってみることにします!

 

スポンサーリンク

夫婦の生活費を内訳したときに見える現実

やはり結婚したことがなければ、どれくらいの生活費がかかるのかは想像でしかないですよね。

月の収入で30万円?

月の収入で50万円?

いや、私は100万円ないと生活できない!

 

100万円ないと無理!という人はよっぽどの浪費家なんでしょう。

実際には2人のライフスタイルによっても大きく異なってきますが、ミニマルな意識で必要最低限の生活費というところで見ていきましょう!

 

大きなウェイトを占める住居費

都心部や地方で大きく異なるのが住居費で、生活費において大きなウェイトを占めるのも住居費です。

 

また実際に結婚すると賃貸にするのか、マイホームを持つのか、という問題もでてきます。

さらに子供ができたときのことを考えて間取りをイメージするのかというのもわりと重要なところです。

 

実際に両方の経験があるのですが、地方ベースの話から。

結婚したと同時にいきなりじゃあ家建てようかなとか、マンションでも買おうかな、というのはかなりの決断力がある人です。

 

同棲など事前に共同生活がなかったら、2人で暮らすのに必要な間取りがよくわからないということもあるでしょう。

 

ここで知っておいてほしいのは、1人あたりの荷物はわりとあるということ。

だから収納は絶対に多いに越したことはありません。

2人で暮らすことによる家財も増えてきますから。

そう考えると最低でも2DK以上は必要かなと考えるわけです。

 

ワンルームレベルは絶対に無理。

1LDKだったとしても2人ではかなりきついはず。

2人ともミニマリストで物がないというのであれば可能だとは思います。

無自覚だった僕がミニマリストだと気付いてしまった4つの思考

ミニマリストという言葉をご存知でしょうか? 簡単に説明すると、とにかく生活に無駄がなく合理的であるということ。   自分 ...

 

賃貸の場合、2DK以上で考えたときの地方の住居費としては6万円~8万円というところでしょうか。

地方だと基本的に自動車必須なので駐車場代も含めてですね。

 

都心部に関しては穴場スポットでも10万円ぐらいはしそうです。

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

ただ都心部といっても地域によって変わりますから何とも言えないです。

福岡県の都心部だと家賃はかなり安いですしね。

 

今回は僕の体験ベースのお話なので地方の6万円~8万円というのが基準になります。

 

 

マンションもしくはマイホームを持つ場合は、ほとんど一括で購入するという人はいないでしょう。

大体が住宅ローンを申し込むはず。

 

いくら借り入れをして、月々の返済額をしていかなくてはいけないのかを計算する必要があります。

住宅ローンをシミュレートすることができるサイトがありますのでそちらを活用してみます。

地方の物件を2500万円で購入するとして、これをフラット35というローン組んで返済します。

金利は仮に最低の1.080%で単純計算したときの導きだした月の負担になる住居費は約7万円になりました。

 

こう考えると賃貸でも物件購入でも月の負担額に大きな違いはでてこないのかなというところです。

地方であれば子供ができたときの間取りを考えたとしても7万円~8万円ほどで住居費を算出できるという結果ですね。

 

スタートとしてはまずは賃貸ではじめてみて、子供ができたときにまた次のライフスタイルを考えて物件を購入するのか、賃貸を継続するのかという流れが良いのかなとは思います。

 

 

自炊派?外食派?変動しやすい食費

食事というのも生きるために必要なことなので、住居費の次にかかってくるウェイトは大きいものです。

日本国内であればそこまで物価の違いはないので、同じような食事をしていれば都心部と地方の格差はないはず。

ただし、ライフスタイルによって開きがでやすいのも食費ではないかと考えます。

 

その根拠としては、自炊中心なのか、外食中心なのか、ということです。

 

自炊であれば夫婦2人で約3万円、ここに子供が生まれて1人増えるごとに約5千円というイメージですかね。

ただし外食を含まない計算なので、自炊中心だとしてもここに外食代プラスされます。

 

 

逆に外食が中心になると少なくとも1人あたりの1食単価が2千円ぐらい。

これを夫婦2人として1回4千円最低でも使うわけです。

週に2回でも外食していれば約3万円となるわけです。

 

外食のみで3万円出費されるわけですから、これは大きいです。

自炊を合わせると月で約5万円ほどになってくるでしょう。

 

 

ほぼ変動なしの水道光熱費

水道光熱費に関しては四季による変動はあるものの、よほどライフスタイルが変わらない限りほぼ固定費みたいなもんです。

 

ガス代、電気代、水道代を合わせても平均して1.5万円ぐらいで収まるかなという印象はあります。

 

ただし、毎日お風呂を沸かして、シャワーまでするという場合はプラスして5千円ぐらいは上乗せしてくるようなイメージはあります。

 

 

大幅な節約可能な通信費

通信費は自宅のネット回線や電話代、スマートフォン代というところになります。

こちらも月に大きな変動がない固定費。

 

固定費だからこそどう費用を抑えるかがカギになります。

 

考えるのは、まずそもそもネットの固定回線が必要かを考える。

僕の場合ですが、インターネットを利用したビジネスをやっているので速度重視ということで光回線を通してはいますが、それで月に約6千円ほど。

 

自宅でほとんどインターネットをすることがないけどそこそこの速度がほしいという場合には僕がおすすめしたいのはWIMAXです。

 

各社いろいろ月額制のwifiルーターを展開しているのですが、屋内では電波の入り方が悪かったり、速度制限がかかったりとイライラすることの方が多い。

 

それに比べてWIMAXの良いところが、屋内用の自立型wifiルーターを持っているということ。

以前使っていたことがあるのですが、これによって持ち出しタイプのwifiルーターに比べて速度でイラつくことが無くなりましたね。

 

さらにUQ Flatツープラスというプランを適用することで速度制限の上限が無くなるとされています。

ただし、3日間で10GB以上使った場合の速度制限については混雑回避のために行われることがあるようです。

 

電波の入り方を確認したい場合は無料でレンタルもしているので、まずはWIMAXのレンタルをしてみてから検討するのもありですね。

通信料も光回線よりは抑えることもできますから。

 

 

スマホでも料金を抑えたいならドコモ、ソフトバンク、auの3大キャリア以外のSIMカードを提供している会社を選択するということ。

 

3大キャリアを使って、スマホを購入しつつ、例えば話し放題なんかもプラスすると月額で7千円~1万円ほどかかってくるのではないですかね。

 

それが僕も使用しているSIMカードの会社を使うと、話し放題をプラスしても約5千円ほどに収まるわけです。

通話品質も正直全く問題なし。

不便なことは一切ないのに料金は抑えられるわけです。

 

実際にどこを使っているかというと...

 

スマートフォンをセットで購入することもできますし、SIMカードのみ単体で購入することもできます。

だからワイモバイル(Y!mobile)で気に入った機種がない場合は、SIMカードを挿入できる機種だけを別の通販サイトなんかで購入するのはありです。

 

僕が使っているのはHUAWEI(ファーウェイ)という中国メーカー。

高機能なものがほしくてちょっと高めのものを買いました。

ひと昔前の中国メーカーなんていうと品質が粗悪なものが多いというイメージはあると思いますが、最近の中国メーカーは本当に優秀です。

デザインもしかり、機能性もしかり。

国内メーカーは余計な機能をつけたばかりに高いイメージはありますし、そもそも機能性に問題がある商品が多いです。

 

こういったSIMフリー端末とワイモバイルのSIMカードを利用して月額5千円以内にスマホ代は抑えているんですよ。

話し放題付けなければもっと安くできます。

 

そもそもワイモバイルは標準で10分まで通話料無料が付いていますので、僕みたいに仕事で通話する機会がなければ話し放題をわざわざ付けなくても十分すぎるかな。

 

最近はLINEなどのアプリでも無料で話せるタイプもありますしね。

3大キャリアのメリットってあるの?っていうぐらいただ高いだけなので、通信費を抑えるなら以上検討してもいいのかなという感じです。

 

仕方がないよね。日用品

日用品は多く見積もっても約5千円ぐらいですかね。

最近では日用品でさえも外に出て買いに行くのが面倒なので通販サイトですましてしまうことが多いです。

こういうパック型のティッシュを購入して、無印のアクリルケースに移し替えて使用しています。

 

 

ミニマリストには不要かな。被服費

よほどオシャレに気を遣う人ではない限り、毎月毎月の出費はないはず。

僕なんてミニマリズムの思考があるのでほとんど出費がないところでもあります。

月の予算として2人分計上しておくとしたら1万円ぐらいじゃないかな。

 

 

お酒が好きなら外せない、し好品

お酒やタバコなどがこれにあたると思うのですが、僕はお酒が好きなので費用としてはかかってきます。

やはり最近は酒屋さんやスーパーで買うよりも安かったりするので、通販サイトで購入することの方が圧倒的に多いです。

実店舗で買って持ち運ぶのも重くて大変ですからね。

 

それでも良いお酒を飲んでいるわけではなくて、家で飲むのであれば正直コスパの方を優先したくなるので缶チューハイや泡盛を飲んでいます。

その代わり外で飲む機会がある場合は、日頃飲む機会のないウィスキーの銘柄などロックで飲んだりはします。

コスパの良いお酒を飲んでいるだけに月の出費としては約6千円ぐらいでしょうか。

 

 

仕方がないよね。交通費

人によって大きく変動しそうなのが交通費です。

会社までの通勤距離が長ければその分費用が発生しますからね。

前職時での自分の交通費を基準にしますが、駐車場代を合わせると約1.5万円だったかな。

2人で仕事をしていれば2倍というところです。

 

 

人付き合いが多いとかさむのが交際費

僕のようにそもそも交友関係が少ない場合は交際費というのもあまり発生しません。

僕に友達がいないのは【ダサい】って思っているから

先に書いておきますが、僕にはほとんど友達と呼べる人がいません。 まったくいないのではなくて、3人ぐらいはいるかなという感 ...

 

それでも前は会社員をやっていたので、同僚との付き合いのために1.5万円ぐらいはみていたような気がします。

愚痴を言い合うだけの会みたいな感じだったので、今思うと無駄な時間を過ごしていたなと思うわけですが...

これも夫婦2人分と考えると単純に2倍になるのかな。

 

 

お小遣いは本当にいりますか?

家計の中で、し好品や交際費とお小遣いを合算するかはおそらくその家庭内でのやり方なはずです。

こうやって生活費を細分化するとお小遣いっていらないのでは?と思ってしまうのは自分だけだろうか。

 

別に夫婦で同じ生活費に手を付けるのであれば、先ほども言ったように他の該当項目にあててお小遣いを失くしてもいいんじゃないかって思いますね。

だからここではゼロ円としておきます!

 

 

万が一を備えての保険

自分は病気をしているのでわかるのですが、保険は重要です!

体験しているからこそ知っているのですが、入院すると相部屋で約5千円ぐらいかかるんですね。

もし個室を希望する場合はさらに上乗せして2千円~5千円という感じ。

 

そのときの僕は幸いなことに2つの保険をかけていまして、入院費はなんとか相殺することができました。

 

入院している間は当然仕事もできなくなるので、本当は相殺できる以上の保険金をもらえたほうが安心ですよね。

どれくらいのレベルの保険に加入すればいいかわからないというときにはやはりプロに相談するのがおすすめ。

 

夫婦2人で月に1万円ぐらいのものをかけていれば入院費を相殺できるぐらいのものに加入できるはずです。

 

 

遊びやレジャーも大切

日々仕事、家事だけだとつまらないし、家の中にこもりっぱなしだと、もしかしたら夫婦関係にも亀裂が入るかも...

 

そうならないようにやはり息抜きのための遊びやレジャーのために予算をたてておくのもいいですね!

例えば海外旅行を計画するとして、そうすると月単位で行くことは不可能だから、計画を1年単位にしておいて、それを単純に12か月で割っておけば月の費用が算出できます。

 

1万円ぐらいみておけば海外は難しいですが、国内旅行であれば年1で十分どこでも行けるはず。

 

 

医療費や慶弔費などその他イレギュラーな出費

これに関してはまったく読めない内容なので予算としてみるのであれば1万円ぐらいが妥当なのでは。

もしくはこういったイレギュラーものだけは貯金から出金するというのも1つの手ではありますね。

 

スポンサーリンク

細分化しすぎたからまとめてみる

【夫婦2人の生活費内訳】

住居費・・・・・7万円
食費・・・・・・3万円(自炊中心)
水道光熱費・・・1.5万円
通信費・・・・・1.6万円(2人分)
日用品・・・・・0.5万円
被服費・・・・・1万円
し好品・・・・・0.6万円
交通費・・・・・3万円(共働きと仮定)
交際費・・・・・3万円(共働きと仮定)
保険・・・・・・1万円
レジャー・・・・1万円
その他・・・・・1万円

合計・・・・・24.2万円

共働きと仮定する場所においては会社が絡んでくる可能性があると思い計上しました。

もし専業主婦をやっている場合はもう少し減らすことも可能なのではと考えます。

 

これが地方で考えるリアルガチな夫婦2人の生活費です。

都心部であれば住居費にかかる負担がもう少し増えるというところでしょう。

 

あとは子供が生まれるにつれてライフスタイルが変わってきますし、そういった部分の教育費であったり、交際費はプラスして発生してきます。

 

でも共働きと考えると、そんなに厳しい数字ではないのかなと。

仮に専業主婦で夫の稼ぎがすべてだったとしても交際費や交通費はコントロールできそうですから、月の手取りで25万円ぐらいあれば貯金もできそうなものです。

 

まとめ

細分化して夫婦2人での生活費を算出してみましたが、ライフスタイルに大きく影響されるというところはあります。

 

子供ができたときには特に生活費を見直すタイミングでもあるということです。

特にウェイトが大きい住居費と食費。

 

だから例えば早々にマイホームなど物件を購入してしまうと、住居費の部分の操作ができなくなってしまうんですよね。

 

 

あとは少し余裕があるからといって生活レベルは上げるな!

ということはわりと強く言いたいかな。

 

一旦生活レベルを上げて、ちょっとした贅沢をしすぎてしまうと元の生活に戻った時に順応できなくなっている可能性もありますから...

 

ただ必要以上にビビらないでください。

生活費を考える以上に結婚には幸せなことだってあるわけですから。

僕はやっぱり食卓を囲んでみんな笑顔でいられたらいいかなということが今は幸せに思うわけです。

 

お金だけがすべてではないですけど考えなくてはならないのもお金なので幸せな結婚生活を送るためにも結婚前に現実をぜひ把握しておいてください!

  • この記事を書いた人

あらやす

石川県在住のライターです。ライフスタイルや価値観に共感していただいたあなたと縁(EN)があったことをうれしく思います^^

-出会い・婚活・恋活

Copyright© ENジニア , 2018 All Rights Reserved.