出会い・婚活・恋活

ペアーズ再開でモテキ到来!?1日で3人から「会いませんか」と言われた話

投稿日:

婚活・恋活アプリはウィズ(WITH)を使って彼女が出来たことにより、入会していたすべてを一旦退会していました。

しかし出会いがあれば別れが来ることもあるってもんです...

彼女と破局しました...でも別れたあとの辛さは絶対に残さないぜ!

タイトルにもあるとおり彼女と破局しました... 実に早い展開だったのですが、結婚生活を10年やってきてコテコテの恋愛の仕 ...

続きを見る

 

ですから再度良い出会いを求めるために婚活・恋活アプリを再開することにしました。

いくつか入会したのですが、やはり存在感としてはペアーズ(Pairs)が圧勝です。

 

まずはどこよりも活動者が多いということにつきます。

そしてそんなペアーズなんですが、同じ1日で3人の女性から「会いませんか」と誘われた、かなりうれしい体験をしたという話です。

 

スポンサーリンク

そもそもペアーズ(Pairs)って信用していいの?

(画像引用元:ペアーズ(Pairs)

 

出会い系や婚活・恋活のサービスを利用する上で怖いのは...

  • 騙されたりするのでは?
  • サクラがいるのでは?
  • ネットワークビジネスの勧誘があるのでは?

というようなことが危惧されるわけです。

 

株式会社エウレカが運営

会社が設立されたのは2008年の11月ということで順調に成長されている企業ということです。

資本金も1億円と公表されており、従業員数は130名にもなります。

 

恋愛・婚活マッチングサービスとしてペアーズがリリースされたのは2012年10月ということで、まあ言ってみれば恋活・婚活アプリの中では先駆けであり、老舗ということなんですね。

 

リリースされてからは順調に会員数も伸びていき、2014年には100万人

2015年には200万人

2016年には400万人

そして2017年現在では600万人もいるというから驚きです。

 

やはり他のマッチングサービスと比較するとその会員数は圧巻ですね。

この数字こそが信用度を物語っている気はします。

 

ですから危惧されている内容というのもしっかりと管理されていなければ当然会員数は減っていく一方でもあるので、管理体制も130名の従業員の中で万全と捉えてもいいでしょう。

 

基本的にはフェイスブックとの連動というところで個人を管理していますから、サクラの存在ということは中々考えられませんが、まあどうしても次から次へとわいてくる一部の勧誘行為というのは減らすのは難しいようですね。

 

でもそういった存在も報告すれば迅速に対応してくれるので問題なしと思ってよろしいのではないでしょうか。

 

ペアーズ(Pairs)再開のうれしい体験記

こういったアプリを使ってのマッチングサービスにはそこまでの違いはありません。

基本的にはフェイスブックで個人と連動してはじめることができます。

バツイチでも彼女ができた!婚活アプリのウィズ(with)2ヶ月使ってみた感想・レビュー・コツをまとめてみた

バツイチ、アラフォー、難病持ちでも婚活アプリで果たして彼女ができるのか? ということを2か月間実践してきました!   そ ...

続きを見る

 

開始から1ヶ月に満たないけど現状は...

もちろん相手の方とやりとりするために有料会員になっていますけど、肝心なのはスタートダッシュかなと思って、かなり積極的に活動しています。

自分から「いいね」 86人

相手から「いいね」 5人

マッチング数    13人

中々の好スタートではないでしょうか。

ただマッチングしているほとんどの方は30代以上ということ。

別にそこに対してどうこういうわけではないですけど、そもそも20代の方にはあまり「いいね」を送っていないということも影響していますし、まあやはり歳の差を埋められないということも当然あるでしょう。

 

それでも前回学んだ経験を大いに生かしているというのは大きいようです。

バツイチでも彼女ができた!婚活アプリのウィズ(with)2ヶ月使ってみた感想・レビュー・コツをまとめてみた

バツイチ、アラフォー、難病持ちでも婚活アプリで果たして彼女ができるのか? ということを2か月間実践してきました!   そ ...

続きを見る

入るコミュニティは上限もないようなので似たようなものがあれば全部入っておいた方がいいでしょう。

その理由としては自分をPRできることの他に、同じコミュニティ内にいる人から検索される可能性もあるということ。

 

だから相手の方とコミュニティがいくつも被るようなことがあれば、それだけで類似性による好意を持ってもらうことにも繋がるのではないかな。

たった6つの心理術で相手の心を操れば恋愛はうまくいくかも

あなたは恋愛の駆け引きが上手ですか?   駆け引きが苦手な人はとにかく相手側の気持ちがわからずに気になる人には自分本位で ...

続きを見る

そして前回と少し変更点も。

それが掲載の写真数を増やしたということです。

 

どういったものを増やしたかというと、ちょっとプライベート感がでるようにお酒を飲んでいる席の写真や食べ物の写真を載せたということです。

これがどう影響しているのかはわからないですけど、勝手な思い込みとして親近感はでるのかなと。

 

そして訪れる3人からのお誘い

これは本当にどういった偶然かわかりませんけど、同じ日に3人の方から「お会いしませんか」というお誘いを受けたんですね。

あらやす
ペアーズは信用してたけど皆サクラか!?

とマジで疑ってしまうくらい(笑)

 

実はそのうちの1人は前回の活動時にマッチングしていた方なんですけど、自分が再開したのを知ってか、前回LINE交換していたので直接LINEに連絡が来たんですね。

あれよあれよという内に居酒屋デートでございます!

 

そしてもう2人の方ははじめましてなんですけど、実はまだお会いするには至っていません。

ちょっと自分の予定が合わずに約束ができなかったのですが、それでも次回の約束として予定はすでに入っている状況です。

 

何かオチがあるかと期待したのであれば大変申し訳ないのですが、実際にお誘いを受けて、お会いするという事実は現在のところあるということなんです!

 

これがモテキというものなのか!?

実際に「モテキ」っていうドラマも一度に複数の方から連絡が来てって内容でしたよね。

ただあのドラマのように誰に行くでもない、どっちつかずなことだけはしないようにはします。

ただ出会いとしては、やはり多くの方とお会いして実際に対面でお話ししないと雰囲気や考え方もわかりませんからね。

 

きっと相手の方も同じような考えのはずです。

だからモテキというよりは興味があるというものよりさらに手前の段階なはずです。

信用の壁の手前にいるという感じでしょうか。

進撃の巨人から学んだ恋愛の壁をぶち壊す3つの方法

男女がお付き合いするに至るまでには何重もの壁をぶち壊して、その人の心にたどり着いた時に恋が実るということはあるはず。 だ ...

続きを見る

 

勘違いだけはしないように、しっかりとお話はしてきたいと思っています。

お会いしていきなりお付き合いするってことにも当然なることはないですしね。

 

ペアーズが他のアプリと比べて優れている点

やはりその圧倒的な会員数に裏付けされた活動者が多いということ。

他のマッチングサービスを利用してみてわかったことなんですが、会員数がいても登録しているだけで活動者がめちゃくちゃ少ないわけです。

 

しかもこれが地方ともなると例えば10人以下!

なんてこともあるぐらいですよ。

おそらく都会の方には理解ができないと思います。

 

しかしペアーズに関してはその会員数に比例しているということはもちろんありますけど、地方といえどもちゃんとログインされている形跡がありますから、相手の方たちもしっかりと見ているということなんです。

 

あと僕が突出して機能として満足しているのが、内部にあるコミュニティの多さ。

 

どのサービスも同じなんですが、自己紹介に記載できる文字数の制限があるため、書きたいことを書ききれないということがあるんです。

だから例えば趣味が多い場合、それをすべて書こうとするととてもじゃないけど書ききれないわけ。

 

だからその穴を埋めるために、「自分はこんなことに興味がありますよ」と示すためにコミュニティの存在があるんですね。

 

自分をPRできる要素なのでコミュニティにはできるだけたくさん入っておいた方が有利だとは考えています。

 

それでも自己紹介を作りこんだり、自分PRは面倒なことだと思いますか?

面倒だと思うから恋愛さえも遠ざけようとしていませんか?

そう思うならこの動画を見てください。

 

はじめてみないとわからないことも多いですし、実は運命の人がそこで待っているかもしれないのに、行動に移さないことでそれをみすみす逃しているとしたらもったないことじゃないですか!

 

 

ペアーズだけに限らずマッチングアプリのメリット

最初から自分がどういう人間かをPRできるところが大きなメリットじゃないかな。

例えばバツイチであることを最初からオープンにしておけば、そこで線引きできるわけだから、理解できない人は最初からマッチングすらしないということなんです。

 

これが初対面で出会う人の場合は中々切り出しにくいと思うんですよ。

打ち解けてもないのにいきなり「バツイチなんですけど大丈夫ですか?」って聞くわけにもいかないじゃないですか。

 

おそらくまずは世間話であったり、仕事の話なんかをお互いにするわけですからね。

でもそんな感じでお互いを気に入っていたとしても、後からバツイチだったわかると幻滅されることだってあるでしょう。

 

そしたらね、それまでに費やしてきた時間だって無駄だと思えてきてしまう...

それだったら最初から自分をオープンにできるマッチングアプリの方が理解してくれる人だけとやりとりができるから気分的にも楽なんですよ。

 

まとめ

今回の記事は別にモテ自慢をしたいわけではなくて、これぐらいの勢いでお会いしてもいいんじゃないかって思うわけ。

 

やっぱりメッセージ交換だけではわからないことの方が多いですし、何より文字でやりとりするのが面倒くさい(笑)

 

メッセージでやりとりするぐらいなら自分は電話で話をお聞きしたいとも思いますし、やはりお会いして相手の雰囲気も知りたいと思うのは普通のことでしょ。

 

女性が警戒するのはわかります。

やはりヤリ目っていう人もいるでしょうし、さすがに運営側もそこまではわからないですからね。

 

でも今回女性の方から積極的に動いていただいたように、せっかくなので目の前にある出会いのチャンスを対面という形でどんどん生かしていきたいものです。

  • この記事を書いた人

あらやす

管理人のあらやすです。石川県在住の個人企業型フリーランス。クソまじめ、バツイチ、難病(多発性硬化症)、ミニマリストと肩書がやたら多いライターです。自己満足することでライフスタイルや出会いに幸せの価値を見出しています!

-出会い・婚活・恋活

Copyright© じこまん道 , 2018 All Rights Reserved.