出会い・婚活・恋活

ワンオペ育児を知っておかないと離婚する可能性大!!

更新日:

ワンオペ育児って言葉を知っていますか?

特に男性が結婚前にワンオペ育児について知っておかないと離婚する可能性が大きいです。

実際にこれが原因となって僕が離婚したという理由の1つでもあるのですから・・・

 

スポンサーリンク

ワンオペ育児とは?

普段あまり耳にしない言葉だと思うのですが、「ワンオペ」は「ワンオペレーション」の略称ですべてのことを1人でこなすという意味があるようです。

だから「ワンオペ育児」というのは例えば母親がたった1人で育児をこなさなくてはならないという過酷な状況にあるということを知っておかなくてはならない!

 

夫の家事・育児に対しての非協力性

亭主関白な体質の男性に多そうなんですが、家事や育児をまったくやらないタイプはいますよね。

 

家事と育児はやった人にしか当然わからないことなんですが、仕事をやっていなかったとしても、家庭内のことをすべてやれるということは本当に素晴らしくて尊敬します。

 

僕も実際の話、結婚生活をしていたときは自分が仕事をしているという思い上がりから、子供が生まれてからも家事・育児をほとんど元妻がやっていました。

今となってはもっとも反省すべきところではあるのですが、そのときはそれに気付けなかったんですよね。

仕事の疲れや自分の病気を言い訳にしてはいけないのですが、「仕事以外の時間は休ませてくれよ」って思ってたくらいです。

 

こうなってしまうと妻が結局朝から晩まで家事をこなしながら育児に没頭して、夜中に子供が泣けば起きて泣き止むまで寄り添わなくてはならない・・・

自分が休ませてくれよと思っていた一方で、こんなにも休む時間がなく、寝る間もなかったのかと本当に反省するしかありません。

 

休みの日があれば子供を見ているということはしていたのですが、ただそれでも僕が子供を見ている間というのは、家の買い物であったりとやはり家庭のことしかやっていなかった元妻のことを考えるとよく我慢していたなと尊敬するばかりです。

 

こうやって結婚生活があるにもかかわらず、夫が家事・育児に対して非協力的だと結局妻に負担がかかってしまうということ。

夫はワンオペ育児について気付けていないんですよね。

 

休みの日に子供の相手をしていれば「俺ってイクメンに見えてるでしょ」ぐらいにうぬぼれていてもおかしくありません。

 

夫の単身赴任

元々共働きであったとしても、育児をはじめるにあたってどちらかが育児休暇を取得して子供を育てるのは当たり前の話です。

仮に妻が育児をするなら生活をしていく上で夫の収入がすべてになりますよね。

 

そんな中、急に夫の転勤が決まったらどうしますか?

仕事を辞めるわけにもいかないから選択肢としては一緒に転勤先についていくか、もしくは環境を変えたくないとという理由で妻と子供だけがそこに留まるということもあるはず。

 

もしそこで単身赴任となってしまえば、夫の世話はしなくてもよくなるかもしれないですが、子供の面倒はすべて自分1人で見ることになります。

 

それこそ自分の親さえも近くにいないような環境であれば、いつ寝て、いつ休んで、いつお風呂に入って・・・

など自分の時間など考える余裕すら無くなってしまいます。

 

そんな中で妻が体調を崩してしまったらどうなるのか...

想像もしたくないですよね。

 

夫が病気などやむを得ない状況にある

夫が病気をして長期入院するということになったらどうでしょうか?

単身赴任と同様な状況にプラスして、離れた場所で入院している夫の世話もある程度はしなくていけない。

 

ストレスを通り越して、妻の体自身に負荷がかかりすぎて、夫婦そろって入院!

なんてことになったらじゃあ子供はどうなるのでしょうか?

本当に怖くて想像すらできないですよね。

 

スポンサーリンク

ワンオペ育児に対する対応策

 

夫の協力が何より不可欠

ワンオペ育児という言葉すらなかった、ひと昔前の女性はこれらをこなしていたわけですから本当に尊敬します!

今この歳になってから思うことは戦前、戦後を生き抜いてきている方々のお話をしっかりと聞いてみたいというところはあるのですが、ただ時代が変わって流れているという事実があるのも確か。

 

だから今社会的に問題になっていることとはちゃんと向き合って対処しなくてはいけません。

 

ワンオペ育児によって、例えば妻が育児ノイローゼや私生活に対しての問題が起こる前に、それを支える役目がやはり夫しかいないと今は思うわけです。

 

まずは妻の家事と育児に対しての負担を考える。

考えるだけではなくて、何をしてほしいのか、何をしてあげられるのかをしっかりとヒアリングするのもいいこと。

聞いてあげることで妻が気持ち的に楽になるということもあるでしょうし、毎日やってくれていることに対して一言「ありがとう」って言葉があるだけでも随分と違うと思います。

 

実際に妻の役割になったことを想像してみてください。

 

自分が簡単にそれをこなすことができますか?

その作業をやるのに自分の仕事に置き換えるとどうでしょう?

 

こうやって考えて行動してくれたことにきっと妻も感謝してくれるはず。

こうやってお互いに思い合えることが本当の思いやりという言葉だと思います。

 

やむを得ない状況なってしまったとき

一番良いのはやはり夫のそばについてきてもらうということ。

でも中々そううまくはいかないものですよね。

 

そういったときにやはり一番頼りになるのは夫の次に考えられる身近な存在だと思うんですよ。

それは親だっていいでしょうし、仲の良い友達に甘えたっていいでしょうし。

 

そういうときのために出会いというのも存在すると思うんですね。

1日中子供のことだけを考えてというのも素敵なことではありますが、それがストレスに感じるようになるのは良くない。

 

だから例え1時間でもいいから自分の代わりに目を離さずに見てくれるような存在を作るというのがベストだと思います。

 

女性も結婚前に覚悟しておく必要がある

もし結婚して子供を作ろうと思うのであれば、幸せな想像だけではなくて、こういった現実もあるのだというある程度の覚悟をしなくてはいけないということ。

 

だから覚悟もないのに「できちゃった」というのは本当に許せない。

そのあとのことをまったく考えていないですからね。

 

覚悟があるだけで、最初から夫に対してもいろんな提案ができますし、いざ場面に出くわしたとしても焦らずに自分のペースで対処できるはず。

 

結婚前の価値観は結婚した後の家事・育児に対しても重要でしょう。

特に男性は1人暮らしを体験していない場合、本当に自分の母親のありがたみをわかっていないですし、それが当たり前だと思っているところもあるでしょうから、同じように家事をやってもらうことに対して当たり前って思っていることも往々にしてあるでしょう。

 

結婚前に自分が覚悟するのと合わせて相手にも同じように覚悟させることは価値観を歩み寄らせるといった意味では良いことですよね。

 

まとめ

ワンオペ育児って言葉自体を知らなくても問題はないのですが、少なくとも夫は家事・育児に対して結婚前に理解しておかなくてはならいでしょう。

 

これがバツイチなど一度でも結婚を経験しているとわかりやすいのですが、初婚だとやはり夢見がちになってしまうので、できるだけ家事・育児に対しての価値観を近づけておくというのはやっておいたほうがいいかな。

 

家庭内での男としての威厳やプライドはあるかもしれませんが、そんなプライドなんか所詮外部の人にはわからないようなちっぽけなものなので、それよりも家庭内での大きな幸せを作れるようにワンオペ育児について知っておいてもらえたらなと思います!

  • この記事を書いた人

あらやす

石川県在住のライターです。ライフスタイルや価値観に共感していただいたあなたと縁(EN)があったことをうれしく思います^^

-出会い・婚活・恋活

Copyright© ENジニア , 2018 All Rights Reserved.