映画レビュー

映画館でのマナー違反8個あげたから該当者は頼むから家で観て!!

投稿日:

久しぶりに映画を観に言ったわけなんですけどね、あまりにもマナーの悪い人たちがいたわけなんですよ!

 

本当は映画のレビューを書きたかったのですが、それどころじゃなくなったわけ。

 

っていう感じで映画の方に全然集中できなかったので、映画館で観るときのマナーについていろいろ書き出してみます。

 

心当たりがあるならぜひ自分の行動を戒めましょう。

まあ、実際にマナーが悪い人は自分が悪いことをやっているなんて意識すらないでしょうから、僕の記事を見ることもきっとないのでしょうね...

 

スポンサーリンク

映画館でのマナー違反

映画上映前には必ず観賞マナーについての注意が放映されます。

 

気にしない人は、こういうのまったく観ません。

観ないから平気でマナー違反ができてしまうのです。

 

僕がマジで止めてほしい映画鑑賞マナー違反をあげたので該当者はもちろん、映画館のスタッフも他人ごとだと思わずに見てください!

 

上映中の私語による話し声

これができる人はマジでハートが強いか、自分の家にいる感覚なんでしょうね。

僕には到底理解できない。

家にいたって話をしながら映画って観れます?

 

まあ、まず話をしたいなら映画なんて観ないでくれって思っちゃいます。

映画館に来る理由を考えてもみてください。

話をしたいならおしゃれなカフェでペチャクチャしゃべって、それで十分でしょ!

 

特にカップルや夫婦に多いような気はします。

 

上映中の笑い声

これに関しては賛否両論あるような気はしますけど、僕は絶対に嫌なタイプ。

 

いわゆるお笑いのステージなんかを観に行っている場合は、そもそも笑うためにその場所に行っているのだからそれは正解だと思いますよ。

 

だけど映画って笑うために行っているのではなくて、あくまで観賞のために行っているんですよ。

現実から解き放たれて、非現実なその場の映像と音を自分に落とし込んで、自分だけの理解で楽しむもの。

 

それを声に出してゲラゲラと近くで笑われたら気にするなって方が難しくないですか?

 

クスクス笑う程度ならまだいいんですけど、せめてちょっとぐらいは周りを気にして我慢しましょうってことです。

 

上映中にリアクションでも声を出す

ホラー映画なんかだと特にそうなんですけど、ビックリして体を動かすなっていう方が無理な話です。

人の本能なのでそれは止められない。

 

だけどそこに対してもいちいち「えーー」とか「キャー」とかってなんなんですか!

もうあんたらのリアクションが気になって仕方ないですよって言いたいくらい。

 

上映中にスマホが気になって光らす奴

スマホが気になるような用事をそもそも抱えているのなら映画なんて観に来るなよって話。

 

暗い中でのスマホの光って結構気になるものですよ。

 

実際に映画中にスマホを見る奴らって何を見ているのでしょう。

時間の確認?

LINEやメールの確認?

 

気になることがあるなら観賞前に片付けておけってこと。

バイブにしててそれも気になるのであれば、電源を消しましょうよ。

その方が映画に集中できて気分よく観ることができますよ。

 

前の座席を蹴る

これも結構あるあるなんですけど、例えば足を組み替えたときに一度当たってしまったというのであればいいでしょう。

一度ね。

 

だけど、本当に何度もドンドンしてくる奴っているんですよね。

まったくもって意図がわからない。

 

上映中はさすがに注意はできないのですが、上映後追っかけて注意したことがありますよ。

聞くと理由は特になし。

たまたま当たっただけと言うのですが、もっと意識しろよって言いたくもなります。

こういう人は当然自分が悪いと思っていないので、まず「すみません」という一言すら出てこないことの方が多いです。

 

大人向けの映画に子供を連れてくる親

どんな事情があるにせよ、大人向けの映画に幼い子供を連れてきちゃだめでしょ。

子供ってあまり我慢もできないのですから、おしゃべりはもちろん、しまいには泣き出すことだってあるわけですよ。

 

たまにマジでいるんですよ。

絶対に子供が観たいわけではないのに親に明らかに連れて来られているだろうってパターンが。

 

子供が悪いわけでは決してありません。

これはもう親の育て方、責任の話。

 

15禁や18禁の映画なのに、「もう少しでその年齢になるからいいでしょ」なんてスタッフに言って強引に入場する場面にも遭遇したこともありますし。

根負けて入場させるスタッフも駄目ですけどね。

 

上映後から遅れて入場してくる

真剣に観ているときに釘を刺されるパターンです。

特に自分の目の前を横切られるのは非常に腹立たしい。

 

途中から見始めて、面白いのかって突っ込んでやりたいんですけどね。

そういう中途半端な人に限ってマナーも悪かったりするのは経験上あります。

 

映画館で観なくても家で観ればいいのにって思っちゃいますよ。

 

映画館に飲食物を持ち込む

これもマナー上、やってはいけないことですよね。

 

おそらくなんですけど、映画館で売っている飲食物は例えば音のならないものだったり、匂いが極力でないものって配慮されていると思うんですよ。

 

それがね、例えばスーパーで販売されているようなパックのポップコーンやポテチを持ち込もうものなら、ガサガサ音が半端ないのですぐにわかるわけ。

 

僕が一番衝撃的だったのは、横でマックを必死に食べているおっさん。

匂いは気になるし、音は気になるし、という感じで最悪でしたよ。

 

映画鑑賞で久しぶりにむかついた人たち

今日のマジでむかついた人たちは該当する項目が5個も!!

 

まずは映画上映後の入室。

上映後に入ってきて僕より奥の座席だったので自分の目の前を横切るわけじゃないですか。

それだけでストレスなのに、頭を下げるわけじゃないし、すみませんの一言もない。

遠慮もせずに足をぶつけてくる始末...

 

まだ大丈夫です...冷静に

あらやす
まあこんな人たちもいるよな

と自分を諭します。

 

しかし、上映後にもかかわらず自分たちの席に着くなり話し出すではないですか!

さすがにこれには...

マナーの悪い奴らが近くに来てしまったよ...

とちょっとげんなり。

 

それでも映画に集中しようと思ったのですが、今度はスマホを開いて何やら触りだすではないですか!

徐々にイライラがでてきてしまいました。

 

そしてこの人たちの圧巻だったのが、終始笑い声リアクションの声

この声に注目!

 

別にね、クスクスとか体が動く程度ならね、僕も別になるときもありますからいいんですけどね...

笑い声も結構な声、リアクションのときも結構な驚きの声をだすんですよ。

 

笑いどころもちょっとズレているというか、シリアスな場面なのに笑ってるんですよ。

どれだけ笑い上戸だよ!!

 

ここまでくるとさすがにスタッフに言いに行こうかとも思ったのですが、映画途中にして退出しても映画館側が返金保証してくれるわけでもないですし、運が悪かったと思って、できるだけ存在を意識しないようにしました。

 

まあ到底無理な話だったわけですが...(怒)

 

まとめ

団塊の世代の人たちからしたら、「今の若い人たちは...」なんてよく言いますよね。

 

この映画のマナーに関してはむしろ、そういったちょっと年配の人たちのマナーが悪い気はします。

 

「別にこれぐらいいいでしょ」っていうかなりの身勝手な考え方です。

別にいいでしょって思いたいのであれば、どうぞプライベートシアターでも作って存分に自分だけの映画鑑賞を楽しんでください!

 

でも通常の映画館ってそうじゃないですよね?

自分勝手な考え方で映画館に来るのであればぜひ帰ってください。

ちゃんとマナーが守れる人たちだけで、あなたたちの分までしっかりと楽しみますので。

 

そう、映画館で鑑賞する以上、やはり皆が気持ちよく最後まで観賞できるものにしたいですよね。

それは周りへの配慮、自分の考え方1つで変えることもできますから、娯楽という感じで楽しみましょう。

 

しかしやはり世間の休日には行きたくないなあというのが本音。

平日に行くほど気楽に観れる映画はないなあと今回しみじみと感じました。

  • この記事を書いた人

あらやす

管理人のあらやすです。石川県在住の個人企業型フリーランス。クソまじめ、バツイチ、難病(多発性硬化症)、ミニマリストと肩書がやたら多いライターです。自己満足することでライフスタイルや出会いに幸せの価値を見出しています!

-映画レビュー

Copyright© じこまん道 , 2018 All Rights Reserved.