映画レビュー

【ネタバレ感想】映画「ミックス。」で感じた違和感をレビューしてみる

更新日:

映画館での予告を見るたびに見に行きたいなあと思っていた映画がこの「ミックス。」

「エイプリルフールズ」の石川淳一監督作品ということでかなりの期待感がありました。

しかも主演が演技派の瑛太さんと「逃げ恥」のガッキー(新垣結衣さん)です。

 

ただね。

「エイプリルフールズ」のときにも感じていた違和感が同じく「ミックス。」にも感じてしまったのでそのあたりも合わせて解説していこうと思います。

 

以下ネタバレを含むので注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

映画「ミックス。」のネタバレ考察だ!

(画像引用元:映画『ミックス。』公式サイト

 

簡単なあらすじ

卓球選手だった母親の華子(真木よう子)にスパルタ教育で卓球を指導された多満子(新垣結衣)。

卓球で世界を獲るという夢を押し付けられていた母親が死んだことによって普通の青春を謳歌しはじめる。

 

そして普通の会社員として働きだした多満子に運命の出会いが!

少女時代の憧れの存在であり今の日本卓球界のホープである江島(瀬戸康史)が同じ会社に所属することに。

 

卓球少女であったことを隠しながらとんとん拍子で江島と付き合うことができていたのですが、江島の後輩の日本卓球界アイドル愛莉(永野芽郁)が同じ会社に入ってきたことで歯車が狂い始める。

 

江島と愛莉が卓球のミックス(男女混合ペア)を組むことになり、私生活でもミックスとなることに。

それも目撃した多満子は会社を辞め田舎に帰郷。

 

母親にしごかれていた卓球クラブフラワーに訪れたときにお嬢と呼んでいた元ヤンの弥生(広末涼子)と遭遇。

 

そこで所属している弥生とプチトマト農家の落合夫婦(遠藤憲一・田中美佐子)、登校拒否気味の高校生優馬(佐野勇斗)のコーチとして所属することに。

そして工事現場で働くわけありの萩原(瑛太)。

 

多満子は江島を見返すために大会に出ることをクラブのみんなに提案する。

そしていざ大会に出場するも...

結果は散々なものに...

 

しかし多満子は萩原と1年後のリベンジを誓うことに。

果たしてリベンジを果たすことはできるのか?

複雑に絡み合う恋模様はどうなるのか?

 

ガッキー(新垣結衣)はやっぱり可愛かったというオチ

(画像引用元:映画『ミックス。』公式サイト

 

序盤のストーリーを見ていてガッキーのコスプレに萌え~ってなってしまいましたね(笑)

 

ガッキーって確か映画公開時点で29歳なんですよ。

でも中高生役として制服を着てもなんら違和感を感じない。むしろ良い!

 

そしてなんといってもガッキーのガングロメイク。

もはやガッキーということはわかりませんでした(笑)

 

OLのガッキーに、チアガールのガッキー...

 

このコスプレ祭りなだけでこの映画を見る価値があるんじゃないかっていうぐらい楽しめました!

ということで締めます!

 

あらやす
ちょっと待てい!

これだけで締めてしまっては単なるミーハーになってしまいます。

しようがないと言えばそうなんですが、石川淳一監督作品に感じる違和感はまさにここにあるのかって思うわけですよ。

 

石川淳一監督作品は登場人物の知名度に頼りすぎ!?

もうさっそく結論なんですけど、僕が感じた違和感というのが、石川淳一監督作品は圧倒的に登場人物の知名度に頼りすぎているなって思うわけです。

 

実際に約2時間ぐらいかな。

ストーリー自体はなんかありきたりな感じと薄っぺらい感じで特に盛り上がるところもなかったんですよね~

 

上がって沈んで上がって沈んで上がって...

という典型的なストーリーとでも言いますか、まあそれが人間の心を揺さぶるんでしょうけど。

 

こんな内容にもかかわらず知名度の高い役者ばかり使っているから、「なんだか面白いな」と自分に言い聞かすという違和感を感じる要因にもなっているんですよね。

 

だって枠役で出演している面々を見てもらえれば同じようにわかってもらえると思います。

  • 蒼井優さん
  • 吉田鋼太郎さん
  • 小日向文世さん
  • 山口紗弥加さん
  • 真木よう子さん
  • 生瀬勝久さん

それぞれが主要人物になってもいいぐらいの面々なわけです。

生瀬勝久さんなんて本当に数分だけの出演でしたよ(笑)

しかも本人ってわからない感じでの出演です。でも存在感たっぷりというね。

 

むしろこれら俳優さんは主演の2人よりも存在感を感じるくらいでした。

特にこの映画で良かったのは蒼井優さん演じる中国人。

 

蒼井優さん自身がこんなバラエティあふれる演技ができるなんて思っていなかったですし、「ラー油でも撒いとけ」っていうフレーズには思わず吹き出しそうになりました。

 

そう、これは「エイプリルフールズ」のときでも感じていたんですよね。

あらやす
知名度の高い役者さん多すぎ!

っていうぐらいに。

 

でもそう考えると石川淳一監督が納得できる演技ができる人が、知名度の高い役者にしかいなかったということなんですかね。

 

主役が誰なのか?

引き立たないというところでものすごく違和感を感じる作品であったわけです。

ガッキーの存在感は可愛さで際立っていたのかなと。

 

さらにこれら面々に加えて都度登場する本物の卓球選手たち。

  • 水谷隼さん
  • 石川佳純さん
  • 伊藤美誠さん
  • 吉村真晴さん

僕が知っている選手でもこれだけの方たちがちょい役で出演されていました。

 

ストーリーを考察してみよう

(画像引用元:映画『ミックス。』公式サイト

 

バラエティ要素が強そうな映画だっていうのは予告でもわかっていました。

だから特にスポーツ系の作品によくある動きがどうだとかプロ選手との比較については突っ込みません。

どんなに玄人っぽく見せようとしても何十年やってきている人たちと差が出るのは当たり前ですからね。

こんなところを揚げ足とったってしょうがないですから(笑)

 

それよりもやはり作品としてストーリーが面白いのかということの方が重要です。

「エイプリルフールズ」では確かに有名な役者がたくさん出てはいたのですが、それぞれがその個性を発揮しながらテンポもめちゃくちゃ良くて、まるで生の舞台を見ているようでもありすごく面白かったんですよね。

だからこその期待感があったわけです。

 

「ミックス。」はどうだったか?

すべて見終わったとの感想は、笑わせたいのか、感動させたいのか、恋愛色を強くだしたいのか、スポコン系なのか、などすごく中途半端だったような気がします。

これらをすべて詰め込もうとしたが故の結果ということでしょうね。

 

これがミックスっていうタイトルから卓球を通じての恋愛にからめるというのはなんとなく想像ができるわけです。

だから単純に徹底して深堀してほしかったなあという思いです。

この恋愛部分だけで2転、3転、4転...としていれば恋愛の中での感動もあったでしょう。

 

それが卓球クラブに所属しているすべての人の人生にも触れているものですから時間も足らなくなりますよね。

だから何か薄っぺらさを感じてならない。

 

確かにそれぞれがなぜ卓球をやっているのかっていうところを謎にしておいて、最終的にその伏線を回収してはいるんです。

 

弥生が卓球を続ける理由として、家庭内や世間体のストレスのはけ口だったのかもしれません。

でも最終的に世間体を大事にしていた旦那さんがあっさりと卓球を認めてるってところ。

あらやす
そもそも旦那はなんで試合会場に来てるんだよ!

 

落合夫婦が2人で卓球をやっている理由にしても最終的にわかるんですよ。

わかるんですけどわざとらしく涙腺ってところに持っていこうとしている感じなんですね。

あらやす
冒頭のクラブでのいい加減な感じの卓球はなんだったのか!

 

優馬はおそらく卓球に生きがいを感じていたのでしょう。

ただ一度解散しかけていた卓球クラブが奮い立ったきっかけに優馬の気持ちってところは不思議でした。

あらやす
そんなに影響力があった子だったのか!

 

萩原の設定に関しては多満子との恋愛関係に結びつけなくてはいけないだけにまだしっかりとしていたとは思いますが、それでも元奥さんや連れ子との関係性には情が入ることはなかったですね。

 

あらやす
元奥さんと連れ子が魔性の女にしか見えない...

萩原と多満子を振り回すためのキーマンであったとは思います。

 

多満子は自分の気持ちに素直になれない感じで江島と萩原でブレブレなのはわりと共感できたかな。

それもこれも萩原の元奥さんと娘の存在があったからで、浮気をされたからやり返すっていう感情にも似ているんでしょうか。

 

だから本当はもう好きではないはずの江島に一瞬なびいてしまったのでしょう。

やきもちみたいなものでしょうね。

この感情はすごく理解できました。

 

ただその感情の反発から燃え上がったとしても萩原との飛び着き抱っこはあり得ないでしょ。

それまで見てきた多満子の性格からしても違和感満載のシーンでした。

 

総じてこの映画の最大の見どころはやはり蒼井優さんかなと思います。

脇役ではあるのですが、その演技力にマジで引き込まれてしまいます。

バラエティでも徹底した役作りの上に積み上げてきたものがあるんだろうなっていう感じです。

というかあの人、歳とっているのかな。

昔から全然見た目に変化がないような気がします(笑)

 

まとめ

(画像引用元:映画『ミックス。』公式サイト

 

あまり深く考えない方が楽しめる映画なんでしょうけど、いわゆる娯楽映画という言葉が当てはまるかなとは思いましたね。

 

でも恋愛要素もあるからあまりファミリーで楽しむっていうものでもないしなあ...

 

ということで結論!

ガッキーの可愛さを堪能しましょう!!(爆)

 

あらやす
結局そこかい!!

でも本当にストーリーで楽しめないのなら楽しめる要素を探し出して満喫するしかないでしょってことですよ。

  • この記事を書いた人

あらやす

石川県在住のライターです。ライフスタイルや価値観に共感していただいたあなたと縁(EN)があったことをうれしく思います^^

-映画レビュー

Copyright© ENジニア , 2018 All Rights Reserved.