出会い・婚活・恋活

地方での出会いに有利な婚活サイトを体験してみたから暴露するよ

更新日:

地方での出会いは人の分母ってところで都会に比べても不利だと思っていませんか?

確かに出会いに関しては人の分母が大きければ、そのコミュニティも多くなるのでいろんな人と出会えるチャンスはあります。

 

だったら地方で出会いのチャンスを増やすのであれば、そういったコミュニティに参加すればいいのではないかって思うわけ。

 

近年ネット婚活、いわゆる婚活サイトが大手を含めて参入してきており、地方でも都会とあまり変わらず出会いに関してのハードルは低くなってきています。

 

だからこそ地方の出会いに有利な婚活サイトというコミュニティを見極めて積極的に活動すればチャンスは多くなると思いませんか?

 

とりあえず僕が有料会員となっていろんな婚活サイトを体験してみたので、石川県という地方に実際に住んでいても出会いに強いサイトがあるのかを暴露していきますよ!

 

スポンサーリンク

地方の出会いに強い婚活サイトを徹底比較

実際に婚活サイトを利用する前っていうのは、「本当にサイトで知り合えるのか?」「ネットで知り合うのは危ないのでは?」などいろいろ懸念することがありました。

 

しかし、ひと昔前のいわゆる怪しい出会い系サイトとは異なり、現在では大手も参入するぐらい市場の広がりを見せています。

 

それだけ出会いの可能性が広がっているということでもあり、そこに確かな需要があるということなんですよね。

 

それでも僕が懸念していた最大の問題。

それが「都会と地方の差はないのか」ということ。

 

蓋を開けてみたら、会員がいるのはほとんど都会で地方での活動者はほとんどいないとかってなったら最悪じゃないですか。

 

でもこれって実は実際に婚活サイトに登録して有料会員になってみないとわからないことも多いんです。

 

だから事前に僕が体験してみて地方での出会いに有利な婚活サイトを晒していきます。

 

地方の出会いにおすすめできない婚活サイト

これはやはり圧倒的に地方の会員数が少ない、もしくは登録しているだけで活動者が少ない、さらには安全性というところになります。

 

ユーブライド

とにかく地方の会員数が少なく、さらには活動者も少ないということ。

実際に男目線で女性の活動者を拝見していますが、積極的に活動されているのは10人ぐらいではないでしょうか。

ただ会員登録自体は無料でもできて相手の情報も閲覧できますので登録自体はしていてもいいかもしれませんね。

ユーブライドのサイトを実際に見てみる >>

 

ブライダルネット

ユーブライドと同じく会員数が少なく、活動者も少ないです。

正直北陸3県合わせても積極的に活動されているのは10人ぐらいではないかなという印象。

 

さらにこちらのサイトの嫌なところが、有料会員にならないと相手の写真を閲覧することができないところなんですね。

「人を見た目で判断しない」って最初から断言できる人は正直うそだと思っています。

 

やはり少なからず自分の妥協できない容姿って持っていると思うんですよ。

だから多少なりとも相手の雰囲気がわかる写真がないと「いいね」を押すこともできない。

そうなるとこちらのサイトでは有料会員になるしかないんです。

 

でも他の婚活サイトにはない面白い機能もあって、それがプロフィール以外に自分をPRすることができる日記機能。

日々の日常であったり、自分の考えている恋愛観だったりをブログみたいな形で相手の会員にPRできるんですね。

これは中々良い機能だなとは思いました。

 

ただいかんせん、もっと会員数がいれば日記をつける気にもなるのですが、それ以前の問題なんです。

地方では機能の持ち腐れということ。

 

もう1つメリットとして挙げるなら、年齢層は高めではあるのですが、結婚への意識は高いのかなとは感じました。

全体的に活動している女性に関しては有料会員として登録している方も多数在籍しており、プロフィールも充実している好印象を持ちましたね。

ブライダルネットを実際に見てみる >>

 

ゼクシィ恋結びアプリ

ゼクシィと言えば、結婚情報雑誌でイメージするのはわかるので、そこから「良いサイト」と先入観を持ってしまいますよね。

 

だけど実際にやってみてわかったことは「業者っぽいのが次から次へと簡単に新規会員として登録してくる」ということ。

 

正直どういった意図で登録してくるのかはわからないのですが、男たちのことを甘く見すぎだろっていうぐらい、あからさまに若い年齢で誰から見ても可愛い(きれい)の女性から「いいね」を相手からもらうんですね。

 

自分は最初から疑いの目しかないので、やりとり自体をはじめないのですが、予想するにやりとりをはじめてしまった人は別サイトに誘導されたりってこともあるのかな。

 

業者さんも本当にお疲れ様ですね、プロフィールはテンプレートみたいなのがあるとは思いますが。

 

大抵の婚活サイトでは本人証明という形で個人情報の追加登録ということも行うのですが、それが無い状態で活動できるというところが難点なんでしょうか。

ゼクシィ恋結びアプリを実際に見てみる >>

 

ゼクシィ縁結びアプリ

ゼクシィ恋結びアプリの姉妹サイトになります。

位置付けとしてはゼクシィ恋結びアプリは恋活、ゼクシィ縁結びアプリは婚活といったところでしょう。

 

ゼクシィ縁結びアプリの方がしっかりとした印象はありますね。

本人証明や、登録している女性会員も有料として登録している方が多いです。

 

でも正直最初は同じ出会いからはじまるわけですから、この2つを分ける理由はいらないいらないんじゃないかなって思うわけ。

男性の会費自体変わらないし、どうせ位置付けを恋活、婚活って分けるんだったら、婚活の方をより結婚相談所っぽく分けた方がいいとは感じるんです。

 

登録している会員数も際立って大きいわけではないですし、両方有料会員として登録してみて思うのは、どちらかというとゼクシィ縁結びアプリの方がいいでしょうということ。

あくまでどちらかというとですよ...

 

マッチ・ドットコム

世界的に見れば出会いのサイトとして信用度もあるのでしょう。

ただ視点を地方に落とすとほとんど会員はいません。

ですから身近な出会いを求めるのであればまったくおすすめはできませんね。

 

ただし、広い視点で出会いを求めるのであれば、世界中の人と出会える可能性があるということ。

実際に僕もアジア圏の方とやりとりした経緯もありますから、相手も同じようにそれを求めていた場合は遠距離ではありますけど恋が実る可能性はあります。

出会い系アプリでの遠距離恋愛はアリだということを徹底調査!

遠距離恋愛という例えば学業優先による遠距離のパターンであったり、転勤によるパターンであったりと、と元々お付き合いをしてい ...

続きを見る

 

身近な出会いというよりは日本だけには収まらない世界中の人と繋がれる可能性があるサイトですから、目的によっては有利になるかもしれませんね。

マッチ・ドットコムを実際に見てみる >>

 

Matchbook(マッチブック)

やはり地方での活動者があまりいないというのと、関東の大学のミスやミスター候補が100人登録しているということを売りにして誇大ぎみに煽っているのがなんだかなあと思ってしまいますよね。

 

実力で勝負できない作られた権威性みたいなイメージです。

なぜかわからないのですが、他の婚活サイトには登録されていない方がいる印象もあるので登録するだけ登録してみるのはありなんですかね。

Matchbook(マッチブック)を実際に見てみる >>

 

地方の出会いにマジでおすすめできる婚活サイトはたったの2つ

会員数、活動者、安全性というところをすべてカバーしている地方でも出会える婚活サイトは結果、今のところたったの2つしかありませんでした。

 

ペアーズ(Pairs)

圧倒的な会員数に裏付けされた活動者数、安全性で地方の出会いに対しては今のところ1位を付けざるを得ないです。

 

ただし、婚活っていうところに焦点を合わせると、婚活よりももっとフランクな出会いを求める恋活の方が言葉としては当てはまるのかなという印象はありますね。

 

だから若い人の登録者も当然多い。

もしかしたらアラフォーなんて相手にされないのでは?

と思って活動していたのですが、思いのほか相手にしていただけることも多いです。

 

よくよく検索してみると相手の方もアラフォーも存在しますし、バツイチの方も多数在籍されています。

 

実際にお会いしているのは今のところ、ペアーズが圧倒的なことを考えても交際に発展はしやすいのかなとは思います。

ペアーズ再開でモテキ到来!?1日で3人から「会いませんか」と言われた話

婚活・恋活アプリはウィズ(WITH)を使って彼女が出来たことにより、入会していたすべてを一旦退会していました。 しかし出 ...

続きを見る

 

こうやって考えるとやはり出会える可能性がある人の分母数がいかに重要なのかはわかりますね。

 

 

with(ウィズ)

会員数はペアーズには敵わないものの「運命」という圧倒的に人を引き付けるキャッチフレーズで会員数を伸ばしているサービスです。

 

実際に僕もひと時は幸せな気分を味わうことができましたよ。

バツイチでも彼女ができた!婚活アプリのウィズ(with)2ヶ月使ってみた感想・レビュー・コツをまとめてみた

バツイチ、アラフォー、難病持ちでも婚活アプリで果たして彼女ができるのか? ということを2か月間実践してきました!   そ ...

続きを見る

 

年齢層はやはり現実的というより「運命」というところに焦点を当てているだけに若い人が多い印象。

ただし、ペアーズと同じくアラフォーが相手にされないということはないので地方の出会いにおいては2位と位置付けるしかないです。

 

会員数がもっと増えてこればペアーズを食ってしまう可能性もあるのではと思える唯一のサイトですね。

 

 

まとめ

いろんな婚活サイトはありますけど、やはり都会から地方まで網羅できる万能なサイトはないということです。

 

出会いに対して何を求めるかということもありますけど、まず大事なのは会員数よりもちゃんとサイトにログインしている活動者がいるかということは重要。

 

そしてそこに対して真剣に結婚を考えているのか、まずは出会って交際を目的としているのか。

でも総合して難しく結婚っていうところに最初に結びつけることをしなければ、出会いのチャンスはどんな立場でも婚活サイトにはあるのかなとは感じますよね。

「婚活、婚活...」って考えるから消耗するんだ!もっと緩くいこうぜ

「婚活」って文字通り、結婚するための活動ですよね。 だけどよく考えてみてください。   確かに婚活の最終的なゴールは結婚 ...

続きを見る

 

だから地方で求める婚活サイトの可能性を高めるためにも、気軽にまずはお会いすることができる出会いのサイトを積極的にはじめてみてはどうでしょうか。

  • この記事を書いた人

あらやす

管理人のあらやすです。石川県在住の個人企業型フリーランス。クソまじめ、バツイチ、難病(多発性硬化症)、ミニマリストと肩書がやたら多いライターです。自己満足することでライフスタイルや出会いに幸せの価値を見出しています!

-出会い・婚活・恋活

Copyright© じこまん道 , 2018 All Rights Reserved.