ミニマリスト・ライフスタイル

【ダイエット企画】1日1食を続けて感じた5つのメリットとたった1つのデメリット

更新日:

ダイエット企画として僕はスレンダートーンコネクトを利用しています。

しかし、ウェストには効果は期待しているものの体重を落とすという意味では中々難しいものがあるのでは?と思い、取り入れたのが1日1食生活!

 

最初はストレスが溜まる方法なのかなと思っていたのですが、実践してみると思いのほか感じられるメリットが多かったので、デメリットと合わせて解説していきましょう。

 

スポンサーリンク

1日1食生活で参考にした本

最初は何もわからずに独学で単純に1日1食にしてみようという発想からはじめてみました。

その内容はこちらにも書いています。

【ダイエット企画】スレンダートーン コネクトを1ヶ月ガチ実践!

規則正しい生活をしているつもりが、夜は毎日お酒は飲みますし、動物性のタンパク質と言えば肉!という感じでがっつり食べている ...

 

夜はプライベートでも、付き合いでも、お酒を飲むことが多いので1日1食するのであれば夜だという風に決めていました。

ただいきなり朝も昼も食べないというのはかなりきついのではと考えて朝と昼は軽食という感じで夜はガッツリ食べることに。

 

実践していく中で健康的にはどうなのかな?

と考えて、やはり「実践者から学ぼう!」と考え手に取った本がこれ。

評価を見ると賛否両論あるみたいなんですけど、実践してみないことにはわからないですからね。

でもそこでわかったのが芸能人でも多数の実践者が多いということ。

  • ビートたけしさん
  • タモリさん
  • 水谷豊さん
  • 千葉真一さん
  • 福山雅治さん
  • 藤原紀香さん
  • GACKTさん
  • 未唯さん
  • 阿藤快さん
  • 木村多江さん

本に書いてあるだけでもこれだけの方が実践されているようです。

 

1日1食なのでプチ断食という書き方もされていましたが、断食することで人間の冴えわたる能力が開花するのだとか。

実際にプロスポーツ選手も断食を実践されている方が多いそうです。

確かにそう芸能人の方を見てみると、歳の割りに若く見える人も多いですよね。

細胞レベルで活性化しているということでしょうか。

 

最近ではファスティングという別の呼び方で表現されることもあるみたいです。

 

この書籍の内容は1日1食に対しての事例が多く書かれており、世間に広まっている1日3食ちゃんと食べなければならないということがいかに幻想であるかということがよくわかりました。

 

確かに3食ちゃんと食べていたときは義務みたいなところもありましたからね。

そんなにお腹が減っていないのにこの時間、このタイミングで食べなくてはいけないという風に。

 

小さいころから植え付けられている、ある意味洗脳みたいなところでもあるんですかね。

食べなければ死ぬかもしれないという恐怖感でもあるのかもしれません。

実際に書籍の中でも空腹で死ぬのではなくて、その恐怖に襲われて死んでしまうということも書かれていました。

 

ただその1日1食の中で必要な栄養素をうまく取る必要性はあるということです。

間違っても加工品など添加物にまみれた食品を食べるのではなくて、食べ物本来の形で食べるのがベストだということなんですね。

 

1日1食のルール変更

最初に僕が設定していたルールはこんな感じ。

  • 朝はスムージーだけ摂取
  • 昼は飲むヨーグルトだけ摂取
  • 夜は食べたいものを食べたいだけ食べる(アルコールやスイーツも含めて)※ただし20時以降は食べない
  • イレギュラーの飲み会とかは仕方がないから暴飲暴食(笑)

まあそんなに悪いものではないと思うんですけどね。

でもやっぱり健康的に1日1食実践していくならもう少し夜ご飯に気を使ってもいいかなと思ったわけです。

 

  • 朝はスムージーだけ摂取
  • 間食では水分のみ(番茶が良いと本に書いてあったので実践)
  • 昼は飲むヨーグルトだけ摂取
  • 夜はできるだけ手作りで自然本来の食べ物を食べる※ただしアルコールやスイーツは我慢しない
  • イレギュラーの飲み会とかは仕方がないからほどほどに暴飲暴食(笑)

夜の食べ物は外食ではなくてできるだけ自分で作るようにしました。

しかし、1日1食なものですから、食材が全然減らない(笑)

間違って今までのように買い込みすぎると食材が傷んでしまうので気を遣わなければいけません。

 

調味料も砂糖からメイプルシロップへ。

油もできるだけオリーブオイルを使用。

ウィンナーやベーコンなど加工食品は食べない。

などなどちょっと自分なりのルールを設けながらわりと楽しく食事を作っています。

 

その内レシピなんかも公開できればいいかなと。

独身アラフォー男のリアルな食生活という感じでね(笑)

 

1日1食を実践して感じられた4つのメリット

 

時間が増える

食事を作る時間、食べる時間、片付ける時間が2食分無くなるわけですから、単純にその分使える時間が増えました。

 

そろそろ食べなくてはいけないということから解放されたので、仕事にも集中したまま過ごせているような気がします。

いや、実際に作業効率は上がっているでしょう。

 

時間はあればあるだけ自分のやりたいことにまた費やすこともできますし。

 

お金を使わない

2食分の食事が減るわけですからその分当然食費が浮いてきます。

さらには外食も減ったので本当にお金を使わない(笑)

 

例えば1食で500円使っていると計算しても2食分の1,000円が浮いてきてしまうのです。

月で考えると1,000円×30日=30,000円が浮く計算に...

要は500円×30日=15,000円が月の1人分の食費ということなんです!

細かく計算すると自炊しているのでもっとかかっていないと思います。

 

少なからず体重にも影響する

もともとスレンダートーンコネクトだけで体重を落とせると思っていなかったので実践した1日1食ですが、やはり食生活も大事なんだと感じさせられます。

【ダイエット企画】スレンダートーン コネクト3週間実践で驚きの結果に!

ダイエット企画も早いもので3週間が経過しました。 スレンダートーン コネクトの負荷にも耐えれるようになってきたのですが、 ...

 

このペースでの体重の推移だとおそらくスレンダートーンコネクトだけでは体重は落ちていないでしょう。

企画倒れになっていたこと間違いなし!(笑)

 

食事が楽しみになる

実践し始めて1ヶ月たっていない状態ですから、やはりまだまだ慣れません。

本にはお腹が減ることで幸福感を感じるということも書いてありましたが、その域にいくにはもう少し時間がかかるかな。

 

でもお腹が減ることによってのストレスは不思議なことに全然ありません。

その理由の1つに夜は我慢せずに食べれるから。

 

夜ご飯を食べるのが待ち遠しんですよね。

今までは3食が義務だったので前の日のご飯でさえも何を食べたのか思い出せないぐらいだったのが、昨日、一昨日...っていう感じでほとんど何を食べているのか覚えているぐらいです。

 

味覚も敏感になってきて自然の甘さとか調味料の添加物臭さとでもいうんですかね。

なんだかそういうのもわかってくるようになりました。

あらやす
いや、気のせいなのか(笑)

 

さらには食事が楽しみになることであれだけ毎晩飲んでいたお酒をあまり飲まなくなるという健康的には良い結果も!

お酒より白飯!みたいに純粋にご飯を食べられる喜びに感謝するぐらいです。

 

より洗練された気分になる

もうこれは気分の問題なんですけど、特にミニマリストという性分なのでライフスタイルは洗練されたものが好きなんですね。

無自覚だった僕がミニマリストだと気付いてしまった4つの思考

ミニマリストという言葉をご存知でしょうか? 簡単に説明すると、とにかく生活に無駄がなく合理的であるということ。   自分 ...

 

こうやって食べられることに感謝することこそが本来の人なんだよなあって感じることができました。

いろんなことが当たり前になってくるとこういう感謝もどんどん薄れていくから幸せも何かわからなくなってくるんだろうなっていうこともしみじみ考えられるぐらいです。

 

結婚生活でもぜひ今後は生かしていきたいですね。

せわしなく生きていると絶対に考えないことだった思います。

 

1日1食生活で考えるたった1つのデメリット

ご飯が美味しく感じるあまり過食気味になっているということでしょう。

本でも腹8分目がお勧めされていたのですが、僕は明らかに12分目ぐらい食べているような気がします。

 

お酒を飲むときも今までは白飯なんて食べていなかったにもかかわらず、お酒を飲みながら白飯まで食べてしまいますから(笑)

 

ただそれでも太ることなく若干ずつですが痩せていることを考えるとそんなにデメリットでもないような気はしますけど。

健康を考えたときには、やはり一度にドカ食いをせずに8分目で抑えるのが一番でしょうね。

 

この記事をきっかけに8分目まで落としていきます。

あっ、でもストレスだと思ったら戻します(笑)

 

まとめ

はじめる前は1日1食を止めたらどうなるのか、もしかしたらリバウンドするんじゃないかなと心配はしていたのですが、実践するうちに食に執着していない自分がいまして、おそらくですがダイエット企画を1ヶ月と定めていましたが1日1食は続けると思います。

 

やはり気分の問題は大きいですね。

この洗練された気持ちをもっていればプライベートにしろ、付き合いにしろ、すべてがうまくいく。

そんな気にすらなってきます。

 

特に日本人はせかせかしがちじゃないですか。

自分も過去はそうだったんですけどね。

気持ちのゆとりがあれば視野も広くなる、そんなことを気付かせてくれた1日1食生活に感謝です!

  • この記事を書いた人

あらやす

石川県在住のライターです。ライフスタイルや価値観に共感していただいたあなたと縁(EN)があったことをうれしく思います^^

-ミニマリスト・ライフスタイル

Copyright© ENジニア , 2018 All Rights Reserved.