出会い・婚活・恋活

イクメンの意味をはき違えてないかい?いや、そもそもこの言葉はいらない

投稿日:

結婚したら間もなく子供ができて「絶対にイクメンになろう!」と意気込んでいる人も多いはず。

その気持ちは十分に理解できます。

 

離婚した僕でも思っていたくらいなんでね。

世間でもイクメン、イクメンってもてはやされている感もありますし。

 

もしかしたらあなたが考えているイクメンの意味は、大きくはき違えている可能性があります。

それが仇となって離婚っていう危機にならないためにも正しく子供を育てていきたいですよね。

 

スポンサーリンク

イクメンの意味をはき違えないために考えること

まずイクメンというのは育児する男(メン)という略語です。

積極的に子育てに参加する父親に対してできたわりと新しい言葉だと思います。

しかしこのイクメンという言葉の意味をどこまで理解できているでしょうか。

 

イクメンっていう言葉のイメージ

その時代時代の結婚模様、子育てというのはあると思いますが、ひと昔前とは違って現代では共働きっていうのも当たり前の世界になっています。

 

だから一時的に産休という形で母親が仕事を休んだとしても、キャリアやお金のためにまたすぐに働きだすというパターンも当然ありますよね。

 

それでもやはりぬぐえないのが女性が家事や子育てをするという家庭的な面。

やって当たり前、できて当たり前っていう世間体もありますから、家事と子育ての両方をこなせることが普通だというところはあります。

 

一方で父親は仕事をして家族を養っているというイメージはやはりありますから、家事と子育ては中々できないという分、子育てを頑張っている姿というのが美化されて=イクメンみたいに世間の評価が高まる傾向にないでしょうか。

 

要は母親は仮に仕事もしていたとしても家事と子育ては当たり前。

父親は家事はやらないのに子育てにちょっと参加すればイクメンと世間からもてはやされるわけですよ。

 

女性からすると平等ではないって愚痴も言いたくもなります。

 

イクメンっぽいことしかやらない

例えば人の目に付くところで親っぽいことだけをして、「俺ってイクメンだよな」って、イクメンっていう言葉に踊らされて父親自身が自信過剰になることもあるのではないでしょうか。

「俺ってイクメンだろ」なんて言葉は絶対に奥さんに言わない方がいいです。

相手をイラっとさせるだけですから。

 

要は裏方の仕事はせずに表向きな子育てに参加してあくまでイクメンっぽく見えているだけだということ。

 

とことん己を美化しすぎているんです。

本当は別にそんなの大したことないんですよ。

だって父親として当然のことをやっているだけなんですもん。

  • 休みに公園で一緒に遊ぶこと
  • 子供とお風呂に入ること
  • 仕事が終わって家に帰れば一緒に遊ぶこと
  • 子供のイベントごとにだけ参加する

自分が子育てをやっているつもりになっているだけ。

世間にイクメンぶりをPRしているにすぎないんです。

 

そうなると結局は大事なところは母親のワンオペ育児にもなっていく可能性にもなりますよね。

ワンオペ育児を知っておかないと離婚する可能性大!!

ワンオペ育児って言葉を知っていますか? 特に男性が結婚前にワンオペ育児について知っておかないと離婚する可能性が大きいです ...

 

父親として子供と接することって別に現代じゃなくても昔から当たり前のことでしょ。

子供にとって母親にしかできないことがあるなら、母親の負担を減らすためにそれ以外のことをすることがお互いにとっての良い子育てだとは思うわけです。

  • 自分がいるときはおむつ交換はすべて自分がやる
  • お風呂に入れるだけではなくて、着替えや子供用のローションを塗ったりと自分よりも子供の流れを優先して一連の流れを作る
  • 夜泣きをすれば自分が抱っこをしてあやす
  • たまには休みをとって奥さんに自由な息抜きの時間を作ってあげる

 

イクメンという言葉がメリットになることも

子育てに積極的に参加してこなかった人にとってはイクメンっていう言葉があると後ろめたさも感じるわけ。

 

勝手に妙なプレッシャーを感じて自分から「今日は俺が食事も作るし、皿洗いもするよ」っていう優しい言葉もでてくるかもしれません。

 

ただこれがスポットだけではなくて、奥さんが疲れているなと感じられる気遣いを常に持ち続けることが本当の子育てであり、家庭円満の秘訣なのかもしれません。

 

子育ては父親として愛を与えること

正直「イクメン」っていう言葉ができて、それにあーだこーだ動かされているようじゃ駄目だと思うんですよ。

 

その言葉があるから、じゃあ子育てに参加しようとか、やらなきゃいけないとか、理想のイクメンでいなきゃいけないとか。

これってストレスが溜まるだけじゃないですか。

 

母親は子供を産むことでホルモンのバランスなどで母性を感じることができるかもしれませんが、男にはそれができません。

 

だったらどうすればいいのか?

子供を愛することがすべてではないかと思います。

 

そうすれば自分が疲れていようが、やりたいことがあろうが、別にイクメンって言葉を考えなくても子供に対して積極的になれるはずなんです。

 

だから自分の子供をちゃんと愛してあげてほしいですね。

逆にいうと、やることをやらないで子供を愛しているというのは上辺だけじゃないかとも考えてしまいます。

 

イクメンって言葉を使うのであればイクウーメンイクジョって言葉もぜひ作ってください。

 

でも絶対におかしいでしょ。

子供を育てるのにパパやママ以外に世間からの呼び名があること自体。

 

まとめ

社会的に「イクメン」って言葉が浸透しているのは確かなんです。

しかし、例えば育休って形でもっと理解できる場所があればいいですけど、やはりそんなことはないんです。

 

そこに属していれば上司や同僚といった世間からさげすんだ目で見られるのは間違いないわけですよ。

 

だったらやはり考えるのはイクメンって言葉は別にいらないでしょって話。

その言葉だけで自分もしかり、会社や世間が踊らされているだけなら、子供に対しては愛を持って接すれば子育てすることはできるんですから。

 

もちろん子供にかける愛とともにその子を産んでくれたという未来の奥さんにもしっかり愛を届けたいですよね。

  • この記事を書いた人

あらやす

石川県在住のライターです。ライフスタイルや価値観に共感していただいたあなたと縁(EN)があったことをうれしく思います^^

-出会い・婚活・恋活

Copyright© ENジニア , 2018 All Rights Reserved.