ミニマリスト・ライフスタイル

【ダイエット企画】トレーニング初心者がジム通いで感じたメリットとデメリット

更新日:

自分の体つきの変化が面白くなってダイエット企画を続行することにしたのですが、より体重を減少させることに重きをおいて続行するために選択したのが「ジムでトレーニングする」ということ。

 

スレンダートーンと食事制限で確かにウェストに大きな効果はありました。

しかし思った以上に体重に大きな変化が見られなかったわけ。

【ダイエット企画】スレンダートーン コネクト1ヶ月実践の総まとめ

スレンダートーン コネクトを利用したダイエット企画がスタートしまして予定通り1ヶ月経過しましたので、その実践結果を総まと ...

続きを見る

 

やはり脂肪を効率よく燃焼させようとすると、体全体の筋力向上による代謝の促進、そして有酸素運動は必須なんですよね。

 

そう考えたときにジムでトレーニングすれば間違いなく痩せれるなと思いました。

だけど少し心配なことも...

 

それがジムに通ってトレーニングするのが初めてだったということです!

今ではさすがに何度か通って慣れてきましたけど、初心者として感じたメリットとデメリットを解説していきます。

 

スポンサーリンク

ジムトレーニング初日で感じたデメリット

僕がジムでトレーニングをするのは「体重を落としたい」という明確なダイエットの理由があるわけですけど、これっていわゆる自己満足したいがための行動です。

 

それをそのジム内のマナーやルールに従って行っています。

自己満足といえどもマナーやルールがあるのであれば当然それに従った上で願望を叶えるのは当たり前じゃないですか。

 

これがね、自己満足を通り越して、まわりが見えなくなる自分勝手な人が多かった...

あんたのプライベートジムじゃないでしょ!

 

まずは筋トレマシン。

1セット終わったらマシンを空けるようにと注意書きがあります。

しかし、1セット終わってマシンを空けることなくその場で休んで、もう1セット、そして同じことを繰り返す始末...

 

もっとひどかったのは腹筋用のベンチがあるのですが、1セット終わってずっとそこで寝転がっている人。

もう1セットやるのかと思いきや、そのままその場を退いていきました...

他に休めるところあるでしょ!

1分そこそこで退くのであればまだいいんですよ。本当は駄目ですけど。

カップラーメン出来上がりますよっていうぐらい寝転がっているんですから、もうイライラだってしますよね。

 

スタジオトレーニングも体験したのですが、限られたスペースでぶつからないようにお互いさまで遠慮しながらやるのが普通でしょ。

これが自分の世界に入りすぎちゃっている人がいて、どんどん横の自分のスペースに入ってくるし、そう思っていたら、今度は僕の前のスペースに陣取ってやりにくいにもほどがあります。

 

仕方なく僕の方からその人と距離を置いた場所に移動しましたよ。

大人でしょ(笑)

 

あと初日ということもあって、見慣れない顔だなとジロジロ見てくる人。

そしてそんな人に限ってめっちゃやってる感をPRしてきます。

自己満足だけしてろよ~

ジムの主みたい顔で承認欲求丸出しだから気持ち悪くて仕方がなかったです(笑)

 

もちろんすべての人がこうではないのですが、一部の自己満足を通り越しちゃってる人によって気分を害することがあるので、もっとジム側の人に言いたいのは、ルール付けの明確さと注意するということ。

 

何度も通っている人がおかしな行動していたら普通はわかるもんです。

だけどジム側の人もそれらをスルーしているわけですから良くないですよね。

 

地方だけのジムに限らず、どこのジムにでもある問題のような気はします。

自己満足を通り越した自己中心な人ってどこにでもいますもんね。

 

ジムは人が大勢いるからこそのメリットもある

一定数のまわりが見えないおかしな人がいるのはしょうがないとしましょう。

その他大勢がいる中でトレーニングをするメリットを感じたのも確か。

 

それはモチベーションが上がるということ。

 

例えば1人家で筋トレをやっていると、10回1セットだけどプルプルしてるから8回で止めようっていう甘えがでてくるんですね。

それがジムで同じことをやると、ジムの熱気と言いますか、「自分を追い込んでなんぼでしょ」っていう空気に飲まれてプルプルになりながらも回数をこなせてしまうんです。

 

追い込むからこそ効いているんだと実感もできるんですよね。

 

スタジオプログラムでもそう。

僕がよくやっているのはボディコンバットという格闘技ベースの有酸素運動。

トレーナーの方が熱気を煽るわけですよ。

「はい!はい!頑張って!あと少し!そう!そう!」

そうするとランナーズハイ的な気分にもなってくるわけです。

 

これが家だとどうなるのか?

少し前にビリーって流行りましたよね。

やったことがあるならわかってもらえると思いますけど、まあきつくてぶっ通しでできないわけ。

目の前にビリー隊長がいて、ずっと煽ってくれているのであればまだできるかもしれません。

これが家で1人でやっているわけですから、やはりきついと感じたときのさらに向こう側には中々行けないんですよね。

 

家ではできない、自分の限界のさらに向こう側に行けるというのが最大のメリットではないかと思います。

 

ジムに通って変化はあったのか?

今日時点で4回ジムでトレーニングしていますが、予定通り早くも体重に良い変化が出始めています。

11月に入ってからジムに通いだしたわけですけど、データでもわかりやすく体重が減少。

 

中々69㎏台を切れなかったのにストンと落ちて、ついに67㎏台に突入しました!

【ダイエット企画】スレンダートーン コネクト1ヶ月実践の総まとめ

スレンダートーン コネクトを利用したダイエット企画がスタートしまして予定通り1ヶ月経過しましたので、その実践結果を総まと ...

続きを見る

 

ジムのトレーナーさんに自分の体の状態を改めて測定してもらっていたのですが、同じ年齢、身長での適正体重は65.7㎏だということであと2㎏ほどの減少で標準値にはなるということ。

 

しかしどうせやるなら、やはりダイエット企画を始動してから目標にしていた64㎏を目指します!

今のペースだと11月いっぱいで可能なのでは?

と勝手に期待はしております。

 

それが現実化すれば2ヶ月のダイエット期間で約7㎏減少したことになるんですね。

あらやす
これはやるっきゃない!

新たにモチベーションUPです。

 

まとめ

ジム通いをして感じたデメリットはあるものの、やはりそれを大きく上回るトレーニングの効果がすべてです。

 

最近ではジムにお風呂があるのも結構当たり前になっていて、銭湯に行かずしても湯船に浸かれるのは最高です。

トレーニングしなくてもお風呂だけっていうのもアリですからね。

 

ジムトレーニング初心者ならではの視点で感じたメリットとデメリットですが、デメリット部分を反面教師としておいて、ルールの中での自己満足をこのまま堪能していきたいです。

  • この記事を書いた人

あらやす

管理人のあらやすです。石川県在住の個人企業型フリーランス。クソまじめ、バツイチ、難病(多発性硬化症)、ミニマリストと肩書がやたら多いライターです。自己満足することでライフスタイルや出会いに幸せの価値を見出しています!

-ミニマリスト・ライフスタイル

Copyright© じこまん道 , 2018 All Rights Reserved.