映画レビュー

アニメ映画「ゴジラ 怪獣惑星」の絶望感が半端なかったというネタバレ感想

投稿日:

アニメ映画として「ゴジラ 怪獣惑星」は公開されるとして楽しみにしていたのですが、なんと公開される劇場数が少ない!

かなりの誤算だったのですが、実家に帰るタイミングで公開されている劇場があったのでさっそく見に行ってきましたよ。

 

2016年にヒットした「シン・ゴジラ」を観たときは正直、世間が煽っているほど面白いと思えなかったんですよね。

 

何と言いますか、やたら政治色が強く、それが震災時のイメージとシンクロして気分が悪い。

さらには石原さとみさんのキャラクターも好きになれなかったですし。

登場するゴジラも進化の過程がすごく気持ち悪かったというのもあります。

 

ではなぜアニメ版を見に行こうと思ったのか?

期待していたのは実写で表現できないような演出と迫力です。

もちろんストーリーは最重要視するところだったのですが、「シン・ゴジラ」の二の舞にならなければいいなと思っていたところ...

 

最終的に感じた感想が「実写版ゴジラとは別物」、そして「半端ない絶望感」

こういうものだと思って楽しく観ることはできましたよ。

 

スポンサーリンク

アニメ映画「ゴジラ 怪獣惑星」のネタバレ感想

(画像引用元:アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』OFFICIAL SITE

 

簡単なあらすじ

地球に突如として出現した巨大生物である「怪獣」。

人類は自分たちの地球を守るためにその怪獣たちと戦うことを余儀なくされる。

 

しかしその怪獣たちをも駆逐してしまう存在として現れた生物界最強の「ゴジラ」の出現。

 

人類はゴジラという恐怖に立ち向かっていたが改善案は見つからず。

そんな時、地球にやってきた人型宇宙人の【エクシフ】と【ビルザルド】の技術を用いて共同でゴジラに立ち向かうが結局返り討ちにあうことに。

 

日本にまで上陸を果たしたゴジラから最終的に逃れるためにとった行動が地球から脱出して「くじら座タウ星e」に移住するということ。

 

宇宙船に乗ることを選別された人はそのアラトラム号で「くじら座タウ星e」を目指すのであった。

 

しかし、たどり着いた「くじら座タウ星e」はとても人が住めるような環境ではなかった。

それでも宇宙船に乗っていた一部の人は地に足を下ろして死にたいと強行して着陸しようとするも宇宙船が爆発してしまう...

 

アラトラム号に乗っているハルオという若き青年は地球への帰還派であり、そもそも着陸には反対していた。

さらには日本に上陸したゴジラに両親を目の前で殺されたということもあり、人一倍ゴジラを憎しみ、そしてその生態を探りひそかにゴジラの弱点を調べ、地球に帰って復讐することを考えていた。

 

そのひそかに調べていた内容でアラトラム号の上層部に対して理解を得て、距離亜空間航行を決断し、約2万年後の地球を目指すことになる。

2万年後の地球の状況とは?

ゴジラは果たして生息しているのか?

 

※以下観ていないならネタバレを含むので注意してくださいね。

 

アニメ映画であるゴジラの序盤はかなり理解に苦しんだ

(画像引用元:アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』OFFICIAL SITE

 

いつもどおりなんですが、ほとんど予備知識なく観にいくものだから、専門用語が飛び交う序盤に本当に理解に苦しみました。

これも調べてみると原作があるらしく、このアニメ版ゴジラを観るときは間違いなく原作を見た方がいいと思います。

なぜかというと相関図や序盤のなぜってところが回収できずに非常にわかりづらいのです。

なぞのままにストーリーが進んでいくので、正直に言います。

[su_animate type="bounce"]

あらやす
序盤寝てました!!
[/su_animate]

 

そうです。

まさかの睡眠タイムになってしまうという愚かなことをやってしまいました。

とにかく頭にストーリーが入ってこなかったんですよね。

 

怪獣が出現するっていうのはまだいいんですけどね、自分たちの地球を守るべくして戦うっていうストーリーは成り立ちますから。

 

しかし。

人型宇宙人が地球にやってきて、人類に協力するっていうところの人物像や相関図がマジでわからなかったんですよ。

 

そして宇宙船に乗っているのが皆人型なので...

[su_animate type="bounce"]

あらやす
どれが宇宙人なの?
[/su_animate]

って感じで、しかもそれがわからない理由の大きなものとして3人種いるのに違和感なく溶け込んでいるということ。

 

原作がないと本当にわからないですよ。

僕と同じように寝ないようにするためには原作必須です!

 

地球に帰還してから面白くなってきたよ

(画像引用元:アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』OFFICIAL SITE

 

目指していた「くじら座タウ星e」での移住が叶わないとして、地球帰還案が濃厚になってきたのと主人公のハルオ・サカキがずっと考えていたゴジラ対策によって、危険をかえりみずに距離亜空間航行(ワープ?)で地球に戻ることになった一同。

 

宇宙船での生活は22年と言っていましたが、地球の経過年数で言うと約2万年というから驚きです。

何光年先にある移住先を目指していたということなんですよね。

まるで宇宙戦艦ヤマトの世界です。

 

序盤ではウトウトと眠くて仕方なかったのですが、地球に降り立ってからは打って変わって、かなりテンポが良くなってきました。

 

まずは2万年後の世界でもゴジラは生きていたという事実。

ただね、この出てきたゴジラってのが...

[su_animate type="bounce"]

あらやす
マッチョゴジラ!!
[/su_animate]

 

なんか顔と体のバランスが悪くてなんでかなとよく見ていたら、なんだか体が全体的にムキムキなんですよ。

そのくせあまり強さが伝わらないという矛盾さ。

 

元々の現場指揮官であったエリオット・リーランドが殉職したことによって、指揮官に任命されたのはハルオ。

そこからのハルオの統率ぶりはすごかったですね。

 

やはりゴジラへの憎しみが強かった分、いずれこうなることを望んでいたということでしょうか。

 

ゴジラ討伐のための作戦を決行して、それが見事にはまり「EMPプローブ」というものでゴジラの自爆を誘導することに成功するわけです。

EMPプローブ...これもよくわからなかったなあ。

ところどころわからないことがでてくるのですが、自分がそういったところを無視して、ハルオの作戦、行動、人間性に注目していたということもあるんですかね。

 

自分が予想していたよりもあっさりとゴジラを倒してしまうものだから、正直拍子抜けしてしまいました。

ただそれこそが絶望感のはじまりにすぎなかったわけですが...

 

この半端ない絶望感は結構うまく表現されていたと思います。

どうにもならないこともあるんだな...

まあこんなバッドエンドで終わる映画もたまにはあってもいいかなというくらい。

 

しかし!

さらに驚くべき結末が待っていました。

やはりエンドロールは最後まで観るべきだなと。

 

アニメ映画のゴジラには続編があるらしいぞ

(画像引用元:アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』OFFICIAL SITE

 

そう、これがわかるのがエンドロール後なんです!

絶望感だけで終わると思われたラストが打って変わって希望も感じられる描写が...

 

それが実はこの映画の冒頭に出てきたある事実。

メカゴジラの存在です。

 

どこかでまた出てくるんだろうなと思っていたのですが、結局最後まででてこなかったので、

[su_animate type="bounce"]

あらやす
なんの布石だったんだよ!
[/su_animate]

ってちょっと怒りたくもなったのですが、なるほど。

続編への布石があったんですね。

 

バッドエンドのまま、この映画が終わっていたら「シン・ゴジラ」より面白かった程度で終わっていたのですが、正直ちょっとワクワクしています。

 

あの半端ない絶望感からの希望への光。

そしてエンドロール後に現れた謎の少女。

僕の勘違いでなければ、この謎の少女は今回の怪獣惑星の中での一瞬映り込んでいた気はします。

気のせいだったらすみません。

 

続編の公開も実はもうすでに決まっているようです。

それが2018年5月。

続編次第でこの映画の評価もかわりそうですよね。

 

まとめ

今回のアニメ版ゴジラに関しては、とにかく今までの実写版のゴジラと違って、SF感がめちゃくちゃ強かったです。

だって宇宙人と共同作業していて、宇宙船でさまよっているわけですから。

 

だからあまり過去のゴジラ作品と比べるものでもないかなって総じて感じています。

 

でもゴジラ自体の存在はやはり恐怖であり、脅威であるという絶望的なイメージをエンドロール前のラストで描かれているので、僕としてはそこが一番印象的で絶望的ではあるのですが、良かったかなと。

 

続編公開が決まっているのでまたぜひ劇場に観に行きたいと思います。

ただ、もっとたくさんの劇場公開をしてほしいですね。

  • この記事を書いた人

あらやす

石川県在住のライターです。ライフスタイルや価値観に共感していただいたあなたと縁(EN)があったことをうれしく思います^^

-映画レビュー

Copyright© ENジニア , 2018 All Rights Reserved.