映画レビュー

【ネタバレ感想】映画「gifted/ギフテッド」は個性が光る作品だったよ

投稿日:

映画「gifted/ギフテッド」の内容はというと、なんとなくどこかで観たことのあるような、悪く言ってしまえばベタな作品だと正直思いました。

 

しかしストーリーがベタなものに対して、登場人物の1人1人の個性がすごく光っていて、特に子役に関しては、

 

あらやす
どこで見つけてきたの!?

っていうぐらい、可愛くて、演技派で、自然な感じで、本当にこれからが楽しみな俳優になることを感じさせてくれました。

 

そんな個性が光る作品を登場人物と合わせてネタバレ感想やっていきますよ。

 

スポンサーリンク

映画「gifted/ギフテッド」のネタバレ考察

(画像引用元:映画『ギフテッド』 公式サイト

 

簡単なあらすじ

7歳のメアリー(マッケナ・グレイス)と叔父のフランク(クリス・エヴァンス)はフロリダで片目の猫のフレッドとともに暮らしていた。

なぜ叔父が育てているかというと、メアリーの母親であるダイアンが自殺したことがきっかけで弟のフランクが男手ひとつで彼女を育てることになってしまったからだ。

 

そしてメアリーが初めて小学校に登校した日に、彼女の天才的な数学の才能を先生のボニー(ジェニー・スレイト)が発見。

そんな才能に対して学校の校長は「ギフテッド教育」で有名な学校への転校を勧めるのだが、子供らしく普通の暮らしをというダイアンの意思を守るためフランクは申し出を断る。

 

そんな時、フランクとダイアンの母親であるイブリン(リンゼイ・ダンカン)が現れる。

メアリーの才能を知ったイブリンは自殺した数学者のダイアンの代わりに偉業を成し遂げる存在として親権を得ようとしているのだった。

 

そしてメアリーの親権をかけて、フランクとイブリンの戦いがはじまる。

果たしてメアリーの親権はどちらの手に渡ってしまうのか?

 

※以下観ていないならネタバレを含むので注意してくださいね。

 

映画「gifted/ギフテッド」のストーリーをネタバレ考察

とにかく目に付くのはメアリー役のマッケナ・グレイスです。

子供らしい自然な演技と言いますか、

 

あらやす
これは演技なのか!?

と本当にわからなくなるぐらいクリス・エヴァンスとの役とは思えない愛の模様に本当に感動してしまいました。

 

ストーリーとしては本当にベタで単純なものだと思ったのですが、かといって浅はかな内容では決してなかったです。

 

特に印象強かったのは子供の育て方によっては、その子供に与える影響でまったく違う人生になりかねないということ。

 

 

冒頭でメアリーは小学校に行くのですが、隣人でフランクの友達のロバータ(オクタヴィア・スペンサー)が行かせなくてもいいのでは?と言うわけ。

 

そのときはまったく理由はわからなかったのですが、メアリーの才能をフランクと同じく知っていたんでしょうね。

だから普通の子供として育てられなくなるよってことも言いたかったのかな。

厳しそうに見えて実はこのロバータ、後からもわかるのですがめちゃくちゃ優しんですよ。

 

母親の才能を受け継いで数学の才能を普通の学校で発揮してしまったメアリーは、その学校の校長の余計なお世話で祖母のイブリンに連絡してしまうわけ。

 

ダイアンが死んでからメアリーにはまったく興味がなく会っていなかったのに才能があるとわかった瞬間に会いに来るあたりが、この時点で憎らしくて仕方がありません。

 

そしてダイアンと同じ才能を持つとわかったイブリンはダイアンが成しえなかった「ミレニアム懸賞問題」を解いてくれるだろうという期待もあり、もっと良い環境、良い学校へとということで親権をかけて実の息子であるフランクと法廷で戦うことになります。

 

余談ですけど「ミレニアム懸賞問題」って本当に存在するみたいですね。

なんでもアメリカのクレイ数学研究所によって2000年に発表された100万ドルの懸賞金がかけられている7つの問題のことらしいです。

 

でもイブリンの身なりや生活を考えるとそこまで不自由な感じではないので、何か他にもあるのだろうと思っていたら...

やはり本人の過去から、結婚したことによって数学をあきらめたということがあるみたいです。

 

だからこそ自分の娘や、血のつながりのある孫にそれを託したいという思いもあるんでしょう。

ちょっと複雑です。

 

しかし、裁判でダイアンの育て方について突っ込まれてわかったことが、数学を完璧にやらせるために色恋沙汰さえも認めず、ダイアンをただただ数学というところで支配していたということ。

 

結局そういった育て方が、ダイアンを苦しめ自殺に追いやったということなんですね。

本当の父親も法廷に現れて、まあそれはイブリンの策で父親から親権の指名?という優位に裁判を進めるためのものであったのですが、メアリーの本当の名前や生まれてから一度も会っていないということで父親として名乗るべき存在ではないとしてイブリンの策はつぶされてしまいます。

 

これがきっかけで優位ではないと感じたイブリンは和解案を持ち出すわけ。

メアリーにはあくまで数学を学ばせるために、フランクの元でも、イブリンの元でもなく、良い学校の近くの里親に預けるということ。

 

フランクの弁護士は譲歩して最良の提案だと言います。

しかしフランクは裁判に勝つのを前提に愛するメアリーに言っていたのが「俺たちは何があっても一緒だ」という言葉。

結果的に判決によって里親に預けることになったときのフランクとメアリーの気持ちに...

 

あらやす
イブリンさえ来なかったら!!!

という怒りの感情と離れたくないのに離れなければとこらえるフランクの姿に悔し涙ですよ。

 

そして離れてからわかるフランクの本音を聞くボニー。

最初は施設に預けるつもりだったけど、そう思うたびにメアリーが何かしてくれることがうれしくて、可愛くて、結局手放すことができなかったいう、フランク自身の人生においてもメアリーの存在は大きなものになっていたということがわかったときに、どうしようもない複雑さとともに、実の子供ではないのにここまで愛せるものなのかとまた感動してました。

 

しばらくして、片目の猫のフレッドとともにメアリーは里親の元に行ったはずなのに、そのフレッドが保健所にいることがわかります。

 

これがどういうことなのか、それがわかったフランクはダイアンに関わる「あるもの」を持って里親の元に向かいます。

 

まず保健所でフレッドを回収するのですが、このときに殺処分されそうになっていた他の猫も2匹持って帰ってくるところが不器用なフランクの優しさが感じられて、ほんの数秒の場面だったのですが、すごく良かったです。

 

「あるもの」を持って、ロバータとともに里親の元に着いたフランクは早々にイブリンを探します。

そう、結局はイブリンの画策でメアリーにとにかく数学をやらせる強制的な環境を作りたかったということなんでしょう。

それがフレッドが保健所にいたことによって、猫アレルギーであったイブリンの仕業だと気付いたんですね。

 

そしてそこにいたメアリーに一緒に帰ろうというわけですが、傷ついたメアリーは嫌だと逃げ出すわけ。

本音ではなく、子供心にその場所から逃げ出すあたりはなんとなくわかるかな。

そんなメアリーをフランクが強く抱きしめるシーンにはさすがに涙腺をこらえることはできませんでした(笑)

 

そしてイブリンはフランクが持ち出したダイアンの「あるもの」によって結局メアリーの存在をあきらめるのでした。

 

あらやす
うーん、結局イブリンがほしかったのはお金?名誉?何なの?

と最後だけは腑に落ちないところではありましたね。

 

まとめ

(画像引用元:映画『ギフテッド』 公式サイト

 

自分の姉の子供と言えども、自分の子供ではないのに長年一緒に暮らし育てることで、血の繋がりだけではない絆が芽生えるということでしょう。

 

大人は大人で、子供は子供で、お互いに素直になれない気持ちがあるにせよ、本音はお互いが求めあっていて、いかに素直になれるかということが大事なんだなと改めて感じさせられました。

 

バツイチで子供がいる人に恋して、血の繋がらない子供と接していく際もきっと過ごす年月で本当の親子のようになれる日もきっと来るのでしょう。

だからこそ本当の子供のように愛し、接して、そしてそれを自分から与えることできっと子供だって血の繋がりとは関係のない絆を感じてくれると信じてなりません。

バツイチ子持ちと結婚する覚悟...男なら考えて当たり前っしょ!!

良い出会いをするために日々婚活をしていて、ようやく運命の人と出会えた! だけどその女性がバツイチで、しかも子供がいた.. ...

続きを見る

 

結局友人関係だってそんなものじゃないでしょうか。

血の繋がりだけでは表せない絆があるからずっと友達でいられるんだろうなって。

 

無難な締めにはなってしまいますが、本当に心温まる映画でしたよ。

たまにはこんなベタなハートフル映画も悪くないもんです。

掘り出し物の子役の演技も観ることができましたしね(笑)

  • この記事を書いた人

あらやす

管理人のあらやすです。石川県在住の個人企業型フリーランス。クソまじめ、バツイチ、難病(多発性硬化症)、ミニマリストと肩書がやたら多いライターです。自己満足することでライフスタイルや出会いに幸せの価値を見出しています!

-映画レビュー

Copyright© じこまん道 , 2018 All Rights Reserved.