ミニマリスト・ライフスタイル

勇気・やる気・元気の三拍子で力がみなぎるソング21曲を厳選してみた

更新日:

日々を過ごしていると仕事で失敗したり、婚活がうまくいかなかったり、別れが来たり...

落ち込んでしまうことは少なからずありますよね。

 

そんなときどうやって自分のモチベーションを上げますか?

 

趣味や好きなことに没頭するのも1つです。

だけどぜひ試してもらいたいことがあります。

 

それが歌の力を利用するということ。

曲だけではなくて歌詞もしっかり聞いているとすごく応援されている気分になってきます。

応援されて気分が悪くなるなんてことはきっとないはず。

 

そんな勇気・やる気・元気の三拍子で力がみなぎってくる歌を厳選したのでぜひ明日への活力にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

勇気・やる気・元気の三拍子で力みなぎるソング邦楽編

邦楽はやはり歌詞に共感できますし、何よりも応援されているという気分にもなりやすいです。

そんな邦楽から完全なる主観ですがセレクションしたのでぜひ聞いてみてください!

 

福笑い|高橋優

笑顔でさえいれば嫌なことだって笑い飛ばせるような気がしてくる笑顔の歌です。

歌詞にある「この世界の共通言語は笑顔だと思う」

まさしく笑顔で接することで嫌な気分になる人はそうはいないでしょう。

笑顔の効果が出会いにも影響するたったの2つの理由

僕らが何気なく使っている笑顔には出会いに対しても良い効果があることをご存じでしょうか? そんな出会いにかかわる笑顔の効果 ...

 

PVにあるように僕もいろんな人の笑顔を集めてみたいですね。

きっとそれを見ているだけですごく気持ちが良いビデオになりそうですし。

この歌を聞いて、笑顔のパワーを感じて、人にもそうやって接していきたいです。

ええねん|ウルフルズ

失敗したって、振られたって、どんな結果になったって、結局はなるようにしかならない、それが人間らしいということでしょうか。

とにかくこの歌を聞いていると落ち込むことすらそれはそれでいいし、次に向かってまたはじめていけばいいだけだと思い知らされます。

 

この歌があったからこそ、僕は今こうやって文章を書いているのかもしれません。

順風満帆な人生を歩んでいる人がどれだけいるのだろうか。

 

僕は失敗続きの人生だと自分で思っていますけど、それでも前に進んでこれたのはまさしく「失敗してもええねん」と思っているから。

「これでええねん」っていう自己満足ができているのがやはり一番自分にとっての活力になっているのだと改めて感じます。

HANABI|Mr.Children

恋人が死んでしまったのを思い出しているような悲しい歌のようでもあるのですが、僕の捉え方は違います。

そう歌ってその人の捉え方次第では前向きになれるものもあるんです。

 

まさしくミスチルのHANABIは僕にとってはそんな歌。

自己嫌悪だらけの世界を無意味としながらも、「もう1回、もう1回」と繰り返すことで世界を見直したいという意味で解釈しています。

 

過去はやはり過去でしかない。

悔やむこともあるかもしれないけど結局また明日は来ますからね。

もう1回頑張って、それでも駄目ならまたもう1回頑張るだけなんです!

僕にとってはそう励まされる歌なんですね。

花唄|GReeeeN

他人の目を気にして無理をする必要はないんだと思わせてくれる歌です。

案外そういった世間からの情報をシャットアウトすることで、気持ちが身軽になることもあるでしょう。

 

いや、僕がそう感じているように身軽になることでむしろ視野が広がることだってあるんです!

 

過去に感じた嫌なことや痛みは忘れることはないけど、それが未来、誰かのためになることもあるかもしれない。

まさしくそう思えたら、失敗なんて言葉すら気にする必要はないですよね。

 

GReeeeNのPVはいろんな役者さんが出ていてすごく見どころがあるのですが、「ゆとりですがなにか」に出演されていた太賀さんが出ているのことにも注目です。

平和島|B-DASH

自分の人生って元々凸凹道ってこと。

最初から整備されたアスファルトの道を歩いたって面白くもなんともないじゃないですか。

 

そもそもどんな人だってきれいな道を歩いているわけじゃないんですよ。

はたから見ればきれいな道に見えても、それは今はそうなのかもしれない。

だけど凸凹の道を歩いては整備をしてきたっていう話です。

 

だからその人その人の人生があるわけで、当然マニュアルなんて存在しないのですから自由に生きることの方が素晴らしいって思わせてくれる、本当に勇気がでる歌です!

人生は一度きり|Little Glee Monster

人と比べて悔しがって言い訳を並べるのではなく、自分がどれだけ頑張って向き合えるのかが重要だということですね。

 

そうなんです!

「人生は一度きり」しかないんです!

その一度きりの人生を人と比べたってしょうがないじゃないですか。

 

それこそ自己満足で幸せを感じることができているなら、それでいいんです。

満足がないのであればそれに向かって自分なりに進んでいくしかないでしょ。

そしてそれが達成できたときには自分のことが本当に好きになっているでしょう。

よく頑張ったなと。

全力少年|スキマスイッチ

僕らが子供の頃ってもっと自由にやりたいことをやっていたような気がしませんか?

まさしくその頃に感じていたワクワクを大人になった今でもできるだろ!って勇気をもらえる歌です。

 

世間体ってところに慣れ合いすぎて、やはりそんな子供頃の「何でもできそう」って気持ちは忘れてしまっているんですよね。

 

世間が当たり前だって思っていることは決して当たり前ではない!

未来さえも自分の気持ち次第でどれだけでも変えていくことはできるんだ!

この歌を聞くとそう思えてなりません。

見たこともない景色|菅田将暉(鬼ちゃん)

菅田将暉さんの歌声は案外良い!

と結構誰もが感じたはず。

思いが伝わる力強さもちゃんと感じます。

 

きっと本人がこの歌と同じように感じているからこその力強さなんだろうなって。

 

「誰一人同じ道を歩むわけじゃない」

まさしくこの歌詞にあるとおり!

だからこそ人と比較する必要なんてまったくないと思うわけ。

 

自分が満足できることがすべてなんですよ。

満足できなければまた前に進んでいくだけです!

OVERCOME|10-FEET

僕のもっとも好きなアーティストです。

ボーカルのTAKUMAさんの歌声には本当に注目してほしいですね。

こんな多彩な声を出して歌にすることができる人がいるなんてと初めて聞いたときは衝撃でした。

 

そして何よりも響くのがその歌詞。

ボーカルのTAKUMAさんは中学時代にいじめにあっていたということもあり、そんな強いメッセージを乗せた歌詞を書けるのかとも思いました。

 

特にOVERCOMEは僕が病気になったときによく聞いていた歌なんですけど、「なぜ私だけと...」と自分の心を見透かされたような気分にもなり、だけどなってしまったものは仕方がないし、それも含めて自分という人間なので病気でさえも「愛そう」と思うことができたわけです。

 

TAKUMAさんの魂の叫びが本当に僕にとって病気と向き合う勇気とすることができました。

虹|福山雅治

目標に向かって突き進むのに答えを求めてはいけない。

自分が考えついたことにただ飛び出すだけでいいんだと思わせてくれる歌です。

 

この歌のイメージは主題歌として使われていた「ウォーターボーイズ」が印象的です。

山田孝之さん、瑛太さん、森山未來さんなど今となっては演技派で注目される俳優なんですけど、あの青春っていう熱さは良かったですね。

 

大人になるにつれて忘れてしまうのですが、がむしゃらに目標に向かうということ。

そう、チャレンジ精神は常に持っていきたいところです。

NIPPON|椎名林檎

女性のアーティストでこんなにカッコいいと思える人はいないです。

紅白歌合戦でこの歌を聞いたときに鳥肌が立ってしまいました。

それほどまでに引き付けられるものがありました。

 

時間を追い越すほどに自分の考えていることで勝手に行動してしまう。

まさに大人になった僕らが忘れていることでしょう。

そんな一度火の着いた自分の思いというのは誰にも消すことはできないならやはり行動に移すしかないですよね!

栄光の架橋|ゆず

やはりB-DASHの平和島と同じで、誰しもが自分の歩いている道は平坦ではないと自覚しているんです。

でもとなりの芝生は青いと疑ってしまうから、人と比較して自分との考えとのジレンマによって押しつぶされそうになってしまうんですよ。

 

でも結局は平坦ではない自分の凸凹の道を歩いてきて、今現在の自分がいるんです。

そしてそれは誰からも否定はできない自分だけの道なわけ。

 

もし自分が間違っていないと思うのであれば、自己満足の追求として突き進んでいくべきだとこの歌で感じることです。

夢を信じて|徳永英明

この歌をはじめて聞いたのは自分が小学校3年の頃かな。

「夢を信じて生きていけばいい」

子供ながらに衝撃を感じていたなと今は振り返るわけです。

 

大人になってから「夢」って考えますか?

子供だとか、大人だとか、別にどの段階で夢を持ったって別にいいですよね。

それが明日への原動力になるのであれば...

勇気・やる気・元気の三拍子で力みなぎるアニメソング編

実は結構アニメソングから勇気・やる気・元気をもらうってことはないですか?

アニメや漫画から影響されるのと一緒で、そのアニメソングから影響を受けることがとても多いです。

普通に口ずさんでしまうといいますか(笑)

そんなアニメソングもご紹介していきますね。

 

CHA-LA HEAD-CHA-LA|影山ヒロノブ

言わずと知れたアニメ界では世界規模の「ドラゴンボール」

これを聞くだけで気を放出したくなるような、そんなパワーがでてくる歌です。

 

本当はカラオケに行くと熱唱したいのですが、あまり知らない人と行くと引かれてしまうので魔封波で電子ジャーに閉じ込めています。

わかる人だけわかってください(笑)

CHA-LA HEAD-CHA-LA|FLOW

「ドラゴンボールZ 神と神」の映画で影山ヒロノブさんではなくFLOWが主題歌を歌ったことでも話題になりました。

FLOWの曲が元気がでるアップテンポな曲が多いのでこれはこれで良かったですね。

でもやっぱりCHA-LA HEAD-CHA-LAと言えば影山ヒロノブさんの方がしっくりきますよね。

WE GOTTA POWER|影山ヒロノブ

おそらく僕はドラゴンボール世代ど真ん中だと思います。

だからアニメソングで元気がでる曲と言ったらもうドラゴンボールの主題歌しか正直でてきません(笑)

この歌はアニメでセル編が終わった魔人ブウ編からの主題歌になります。

 

これはこれで良かったですね。

立役者は言うまでもなく影山ヒロノブさんだったことにつきます。

やはりドラゴンボールとは切っても切り離せない存在ということでしょうね。

となりのトトロ|井上あずみ

アニメソングの場合はそのアニメの影響から勇気・やる気・元気をもらうことの方が圧倒的です。

となりのトトロに関してもそう。

子供っぽいって思われるかもしれませんが、この歌を聞くと勇気が湧いてきます。

 

それというのもやはりサツキとメイの冒険劇と言いますか、それがまんまこの歌に影響されているのかなという感じです。

ドキドキもありつつ、ワクワクもするという表現がしっくりくるかな。

聞いてて心地が良くなる歌でもあります。

紅蓮の弓矢|Linked Horizon

ストーリーをあらかじめ知っていないとおそらく共感はしてもらえないだろうとは思います。

単純なアニメと思って見ると痛い目をみます。

これほどまでに複雑に、だけどちゃんと伏線を回収できている、考えさせられるアニメを見たのは初めてです。

 

何よりもオープニングのこの歌がかっこよすぎる!

そして身震いするほど奮い立つ勇気がもらえます。

原作を見たことがなければぜひ見てください。

絶対に共感してもらえること間違いなし!

ドラゴンクエスト冒険の旅

アニメではないのですが、僕の中で青春時代の勇気のテーマソングと言ったらこれですよ。これ。

名作のドラゴンクエスト3なんてもう何回もやり続けていましたからね。

今でもやりたいと思うほど。

 

強いものに立ち向かっていく勇気の曲をぜひ脳裏に焼き付けておきましょう!

勇気・やる気・元気の三拍子で力みなぎる洋楽編

洋楽と言っても、僕は英語なんて全然わからないから、そんなので勇気・やる気・元気なんてでるのかって話ですよね。

だからアニメソングと同じで作品の雰囲気とタイトルで想像を膨らましているだけです。

そんな洋楽からは2曲お届けしましょう。

 

My Way|SEX PISTOLS

イギリスのパンクと言ったらSEX PISTOLS。

僕が中学校のときになぜか人と違う音楽を聴きたくなりはまったアーティストです。

 

なぜミスチルや大黒摩季、DEEN、T-BOLANなど当時流行っていた音楽を聴かずして、パンクを聴いていたのか?

この時から人と慣れ合うのが実は嫌だったというのはあるのかもしれません。

 

そんな僕の心に特に届いたのが「My Way」

フランク・シナトラの名曲なんですが、いろんなアーティストがカバーすることでも有名です。

 

自分の人生を生涯やり遂げたという、まさに自己満足の集大成とも言える歌なんですよ。

それが妙にSEX PISTOLSが歌うパンクという音楽に感動すら覚えてしまったというところです。

自分も生涯を終えるときには「自分の道」が満足するものであったらいいなと心から思います。

スタンド・バイ・ミー|ベン・E・キング

名曲であり、映画の名作スタンド・バイ・ミーからの選曲です。

映画スタンド・バイ・ミーを観たことがあるなら、この歌を聞くだけでワクワクとドキドキがはじまりそうな、子供のときに感じたちょっとした勇気を感じてもらえることができるはず。

 

これを見てからスティーヴン・キング原作の映画はわりと好きになりましたね。

【ネタバレ感想】勇気をもらえたホラー映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」

ホラー映画は正直好きではありません。 特に洋画のホラー映画はなんというか過剰なまでのビクッとさせる演出が嫌で、本当に心臓 ...

 

映画を見た後でぜひこれを聞いてみてください。

おそらく冒険に出てみたくなりますから(笑)

 

まとめ

主観で選曲したのですが、なにげなく聞いていたものもしっかりと改めて聞くことによってきっと勇気・やる気・元気の三拍子で力がみなぎるはず。

 

大人になればなるほど、歳を重ねれば重ねるほど、世間というところに丸く収まってしまいがちではあるのですが、勇気・やる気・元気の根本はきっと自分たちが子供のころの純真無垢な行動力にあるんだろうなって、これらの歌を聞いて感じますね。

 

だからたまには童心に帰るのも悪くないなって思います。

そこに対してのアイテムとして音楽を取り入れるのはすごく心地良いことですしね。

 

ぜひお気に入りの歌で自分が幼かったころの思いを一緒に呼び覚ましましょう!

  • この記事を書いた人

あらやす

石川県在住のライターです。ライフスタイルや価値観に共感していただいたあなたと縁(EN)があったことをうれしく思います^^

-ミニマリスト・ライフスタイル

Copyright© ENジニア , 2018 All Rights Reserved.