出会い・婚活・恋活

出会い系アプリでの遠距離恋愛はアリだということを徹底調査!

更新日:

遠距離恋愛という例えば学業優先による遠距離のパターンであったり、転勤によるパターンであったりと、と元々お付き合いをしている状態からやむを得ない理由で遠距離になることがほとんどではないでしょうか。

 

しかし日本中、いや世界中での出会いがわりと気軽にできる安全なマッチングアプリがありますから、まだお付き合いをしていないようなゼロスタートの出会いから遠距離恋愛することはアリなのではと考え、それについて調査してみました!

 

スポンサーリンク

遠距離恋愛が実らないとされる理由

遠距離恋愛というとわりとネガティブなイメージがありますよね。

そのデメリットとはどんなことがあげられるのかを考えていきます。

 

中々会うことができない

どこまでの距離感が遠距離とするのかは人それぞれです。

仕事をしている中で休みがあったとしても交通費も考慮して気軽に行けないような距離が遠距離にあたるのだろうと考えます。

 

例えば、遠距離恋愛は恋人と気軽にデートもできません。

このような精神的な辛さが増えていくと、「知らず知らずのうちに浮気をされてた...」なんてこともあるでしょう。

 

しかも相手は近くにいないわけですから、とにかくバレることなんてありません。

だから両方での恋愛と結婚の可能性を残しつつ、同時進行して...

というちょっと姑息な手段を選択できたとしても悪意がなくできてしまうのではないでしょうか。

 

もしお付き合いしている中でのやむを得ない事情による遠距離になってしまったとします。

浮気などではなかったとしても、慣れない環境に身を置いたことで「私生活がいっぱいいっぱいでしんどい...」となってしまって会いたいという気持ちも薄れていくこともあるではないでしょうか。

 

結婚に対しての意識を急ぎすぎてしまう

近くにいれば、例えば簡単に予定を合わせて遊びに行くことも可能だし、仕事終わりに食事だって気軽に行けます。

だから一緒にいられることの幸せはたやすく感じられるでしょう。

 

遠距離になってしまうと、会いたいのに会えないという状況から「じゃあ一緒にいるためには?」と考えたときに真っ先に浮かぶことは...

そう結婚です。

 

同棲という方法もありますけど、家庭に入るわけではなく、生計も一緒にするわけではないですよね。

だから同棲だと別れたときのリスクを考えると仕事を辞めてまで同じ場所で暮らすという決断は中々できないでしょう。

 

結婚すると資産という部分を共有するわけですから、仮に別れたとしても持っている資産は分けられます。

どちらかの扶養として家庭内の専業となれば一緒に暮らすことは容易なことですよね。

 

でも例えばそれが付き合って3か月ぐらいで遠距離になったとしましょう。

そうするとどんなに会いたい、一緒にいたいと思うことがあっても、遠距離=結婚ってなんか重いと思うんですよ。

 

結婚を意識するあまりに、片方はそれが重荷になって、浮気または破局ということにもなるでしょう。

 

スポンサーリンク

出会いから遠距離恋愛なら分かり合える

これまでのネガティブなイメージはどちらかというと付き合ってからの遠距離になってしまうパターン。

でも実は出会いの時点で遠距離恋愛を理解していれば特に問題がないということをご存知ですか?

 

頻繁に会いたくない人にお勧め

「彼女彼氏はほしいけど毎週なんて会いたいと思わない、できれば自分のための時間も満喫したい」

 

誰しもが同じように愛しい人に会いたいと思っているかというとそうではないですよね。

自分の趣味が大事なものであればその趣味のための時間をさきたいという風に思う人もいるのです。

 

だったらそのためにわざと遠方地に住んでいる候補を探して付き合うことができればその願いは叶います。

 

当然そういった形で最初から付き合うわけですからお互いが理解の上でのお付き合いになるわけです。

だからといって、相手を大切にしていないわけではなくて、心の距離感遠距離恋愛がちょうどいいと感じることができればこういった選択もできるよってことです。

 

理解した上での付き合い

頻繁に会いたくないという理由ではなくて、付き合う前の出会いから交流を重ねて好きになった人が遠方地にいるということもあります。

 

もしお付き合いを考えたときに遠距離になってしまうことをわかっているので、それが無理だと思えばそもそもお付き合いに発展することもありません。

 

それでもお付き合いがしたいと思うことができれば、遠距離ということを分かった上でのお話なので相手のことは尊重できるはず。

 

要は自分本位な気持ち重視ではなくて、相手のことより考えることができている状態なので、急な結婚を意識するわけでもなく、浮気を疑うでもなく、落ち着いた心構えでお付き合いもできるというものです。

 

それだけ相手のことを思いやっているわけですから、久しぶりに再会できた時には燃え上がること間違いなしでしょう(笑)

 

出会い系アプリで遠距離恋愛の相手を見つける

では出会いの時点から遠距離恋愛の相手を実際に見つけに行きましょう!

もっとも簡単かつ合理的な方法は出会い系アプリで見つけるという方法。

 

職場だったり、学校というようなリアルなところでは実際に出会える人数というのは限られてきます。

 

出会い系アプリであればリアルの場では絶対に出会うことができないようなパートナーとなり得る人とめぐり合うことができるのはもちろん、遠距離でも問題ないというのであれば、全国の異性の方を対象にコンタクトすることも可能。

 

これから紹介するものはフェイスブックと個人情報を連携するアプリで出会い系のものとしては比較的安全だと僕が実際に体験して感じたのでおすすめできます!

 

登録自体はフェイスブックと連動して無料ですぐにはじめられますが、男性会員の場合は女性と実際にマッチングしてやり取りしようとする場合、そのほとんどで月額制の登録をしなくてはいけません。

 

しかし婚活パーティーで1回5,000円消費するのであれば、アプリの場合、その出会える人数は全国にいるわけですからお得感はかなりあります。

 

サイトのシステムとしてどのアプリでも採用されているのですが、気に入った相手がいれば「いいね」ボタンを押して相手に好意を伝えるということ。

フェイスブックとの連動というところでの「いいね」を採用しているというところですかね。

相手も同じように好意を持ってくれれば「いいね」が返ってきてマッチング成立という感じです。

 

僕が遠距離恋愛でおすすめするのはPairs(ペアーズ)。

こちらでも記事にしていますが、老舗でもあり、圧倒的な会員数がいるからこそいろんな場所でも出会いを積み重ねることができるということです。

内部のコミュニティとして「遠距離恋愛OK」というのもあるくらいですからね。

地方には出会いがない!?実際に地方移住している僕が暴露します

地方は首都圏に比べ異性との出会いがないとよく言われることがあります。 田舎だとか都心だとか、果たしてそこまで関係があるの ...

続きを見る

 

ただし出会いの可能性を減らさないという意味で対抗馬の紹介もしていこうと思います。

 

Matchbook(マッチブック)でマッチング

Matchbook(マッチブック)正直言わせてもらうとペアーズのパクリじゃないかっていうぐらい管理画面が同じ仕様になっています。

運営会社はリクルートホールディングスが出資しているので信用できるアプリの1つではないでしょうか。

 

関東の大学のミスやミスター候補が100人登録しているということを売りにしていますが、正直客寄せ感を感じるのは自分だけだろうか...(笑)

 

検索の機能に関してはコミュニティがない分、共通の趣味から相手を探すことは困難です。

実際にマッチング後にお話しして趣味を確認するという手段になりますから、ペアーズと比較してしまうと面倒ですし、例えば趣味がまったく合わずに会話もかみ合わない、なんて時間の無駄になることも。

 

実際に僕がやってみての感想ですが、やはりペアーズの2番手、3番手という感じは否めないですね。

ただし、なぜかわからないですが、ペアーズに登録していなくてマッチブックに登録している人もいるようなので、より多くの人と出会いたいと思うなら使ってみるのもアリです。

 

 

with(ウィズ)でマッチング

with(ウィズ)他のアプリと大きく違って面白いところがあります。

それはメンタリストのDaiGoが監修している診断テストを受けて、相性の良い相手を選び出してくれるという点です。

 

管理画面も他とは違ってオリジナル性があるのも◎

ペアーズに比べるとその会員登録数やコミュニティはまだまだ少ないですが、運命って言葉に弱い人たちが運命を求めて、どんどん増えてくるんじゃないかという期待感はありますね。

 

運命の相手と本当にめぐり合わせてくれるアプリであれば、それこそ遠距離だろうとも関係ないです。

DaiGo監修のイベントも定期的に行われているようなので、普通に出会える相手を探すというよりも、どうせなら楽しみながら運命の相手を見つけたいですね。

自分も一度はこちらのサイトで彼女ができたということもありますし。

バツイチでも彼女ができた!婚活アプリのウィズ(with)2ヶ月使ってみた感想・レビュー・コツをまとめてみた

バツイチ、アラフォー、難病持ちでも婚活アプリで果たして彼女ができるのか? ということを2か月間実践してきました!   そ ...

続きを見る

 

 

遠距離恋愛を成立させるための努力は必要

出会い系のアプリを利用して見つけた相手といざ遠距離恋愛!

わかってはじめたつもりでもやっぱり会いたいときには会いたいですよね。

だからこそ会っていない時の努力は欠かせないものです!

 

文字ではなくて電話をする

これは僕がそうなんですが、LINEなどの文字ベースだとこちらの思いが伝わりにくいですし、伝えにくいということは相手が思っていることもくみとれないということ。

 

電話であれば声の高低差で相手の機嫌であったり、お疲れモードがどれくらいなのかわかります。

またスカイプやLINEのビデオ通話を使って顔を見ながら話をすることでそこに相手がいるような新鮮な気持ちにもなれますよね。

 

 

ただ顔を見て話をするけど相手の体温が感じられない分、逆に会いたくなってしまうというデメリットも...(笑)

 

特に大事な内容については文字ベースで終わらせないことが何よりも重要なことです。

 

電話で話をするということはアプリで知り合ってから実際に会う前にもやっておいた方がいいです。

付き合ってもいない状況から実際に会おうと思って現地に行ったみたけど、「思っていた人とは違ったなあ」というギャップを避けて時間とお金を無駄にしないためにも。

 

最初から遠距離恋愛を実らすためにもアプリで確認できる写真や文字といった情報のほかに、声の質であったり、笑顔などの表情をビデオ通話で確認しておきたいところですね。

 

実際にアプリでマッチングした遠方地にお住まいの方とは何度かLINEのビデオ通話でやり取りしました。

カフェなんかで話をするのとなんら変わりなく会話ができたのでぜひお試しください。おすすめします!

 

遠距離恋愛で重要なのは例えば自分がマメじゃなかったとしてもマメになる!

自分は文字だけで満足していたとしても相手はそうじゃないこともあるでしょうし、やはり感情を伝えやすいのは電話ですよ。

 

会う時には旅行もかねる

お互いの住んでいる場所に行って、久しぶりに会った感触をまったりと家で確かめ合うというのも素敵なことです。

 

ただそれがマンネリの原因にならないようにたまには2人の距離の間をとって旅行をかねるのも面白くないでしょうか。

 

それも会うたびに旅行をかねていろんな場所に行けば、それが自分たちだけの思い出になるわけですから、遠距離で苦労もしたけど結婚式には思い出もいっぱいという状況も演出できそうですよね。

 

 

運命を感じる

出会い系アプリで日頃出会えない人と出会って遠距離で付き合っているわけですから、運命とかいうスピリチュアル的な言葉が嫌いであったとしても運命だと感じましょう!

 

そう思っていれば、遠距離という困難な環境も乗り越えられるはず。

ただし、運命だと思い込みすぎて結婚という2文字に意識が集中しすぎないようにしましょう。

そこに依存してしまうと重さがのしかかってくる場合もありますからね...

 

また運命を感じたいならwith(ウィズ)はマジでおすすめです!

バツイチでも彼女ができた!婚活アプリのウィズ(with)2ヶ月使ってみた感想・レビュー・コツをまとめてみた

バツイチ、アラフォー、難病持ちでも婚活アプリで果たして彼女ができるのか? ということを2か月間実践してきました!   そ ...

続きを見る

 

まとめ

遠距離恋愛は決して楽なものではありませんが、出会いからそれがわかっていれば絶対にお互いを尊重できるはず。

そしてその可能性を狭くしないための方法として、ぜひ出会い系のアプリを試してみてください。

 

僕は積極的に地方の方だけではなくて、他県の方ともコンタクトとろうと必死になっています(笑)

コミュニティも利用しながら、相手も遠距離恋愛が可能とする人とうまく出会いたいものです。

  • この記事を書いた人

あらやす

管理人のあらやすです。石川県在住の個人企業型フリーランス。クソまじめ、バツイチ、難病(多発性硬化症)、ミニマリストと肩書がやたら多いライターです。自己満足することでライフスタイルや出会いに幸せの価値を見出しています!

-出会い・婚活・恋活

Copyright© じこまん道 , 2018 All Rights Reserved.