ミニマリスト・ライフスタイル

【バツイチアラフォー独身男の料理シリーズ】俺のアンチョビキャベツとさんまパスタ編

投稿日:

バツイチで独身になった男のリアルな一人暮らしの手料理シリーズなのですが、中々更新できずにおりました。

 

作ってはいるんですけどね。

お腹が空いている段階で

っていう風に過程を撮るのを忘れてしまうんです(笑)

 

今日は適当に作ったイタリアンの「アンチョビキャベツ」「パスタ」です。

では行ってみましょう!

 

スポンサーリンク

俺のアンチョビキャベツ簡単レシピ

まずは適当にキャベツをザクっと切ります。

下ごしらえ的なものはこれだけ。

 

フライパンでオリーブオイルときざみにんにくを炒めます。

オリーブオイルはいつものこれ。

 

これにニンニクを加えるのですが、まんまニンニクを皮向いてきざむのが面倒なのでこんなの買って使っています。

 

ペペロンチーノとかガーリックライスとか、最近はよくアヒージョとかも作るのでかなり重宝していますね。

なんとなく良い香りが出てくるまで炒めます。

小さじ1杯ぐらいですかね。

後はここにキャベツをぶち込むのみ!

おそらくこれだけでもお酒のいいつまみになるのですが、やはり若干味付けをしないと物足りなさもありますから、軽く荒めの塩コショウを。

そしてアンチョビキャベツというぐらいですから味付けの肝となるアンチョビを投入してサクッと炒めていきます。

アンチョビはニンニクと同じメーカーのユウキ食品のものです。

こちらも小さじ1杯ぐらい入れます。

本当に結構適当です(笑)

入れすぎるとちょっと塩っ気が強くなると思いますので味をみながらって感じですかね。

そしてアンチョビキャベツの完成!!

さすがにこれだけだと夕食のお酒のお供には物足りないのですかさず次のレシピに取り掛かります。

 

俺のさんまのかば焼きパスタ簡単レシピ

アンチョビキャベツを使ったフライパンを洗うことなく、そこにそのまま水を入れて沸騰させます。

面倒なのと、そのまま使えばうま味がでているものでパスタを茹でた方が美味しいかなという勝手な妄想です(笑)

パスタは最近太めが好きなのでこういうのを使ってます。

きしめんみたいな感じですかね。

 

茹で上がったら、パスタを別の入れ物にうつしてすかさず、オリーブオイルとさんまのかば焼きをタレごとそのまま軽く炒めます。

 

そしてパスタと絡めて若干の辛みを増すために輪切り唐がらしを少々。

隠し味でもないですけど、フライパン一回りくらい適当にマヨネーズを入れて軽く絡めていきます。

そして...

ついに今日の晩御飯の完成です!!

 

まとめ

盛りつけが汚いのは男の料理ということで大目にみてください。

ただ少し寂し気な感じだったので、温泉卵を乗っけてみました。

 

誰かに食べてもらうわけではないのでいいんです!

そして食事のお供はいつものこれ。

最近は350mlでは物足りなくて500mlに格上げです(笑)

そして割と適当に作っているわりにはうまくできているなあと毎回思ってしまうのは、1人暮らしに慣れてきているせいなのか...

 

一緒に楽しく食事を作って、一緒に団らんできる、そんな家族がいずれできればいいなと思いながら、今日も晩酌するのでした。

  • この記事を書いた人

あらやす

管理人のあらやすです。石川県在住の個人企業型フリーランス。クソまじめ、バツイチ、難病(多発性硬化症)、ミニマリストと肩書がやたら多いライターです。自己満足することでライフスタイルや出会いに幸せの価値を見出しています!

-ミニマリスト・ライフスタイル

Copyright© じこまん道 , 2018 All Rights Reserved.